職場で嫉妬されるのはなぜ?職場で嫉妬されやすい人の特徴と対策ご紹介

職場環境

職場で嫉妬されると辛いですよね。

職場での嫉妬は男性よりも女性で起きる場合が多く、嫉妬によって悪口や嫌がらせなどのターゲットにされることもあるようです。

職場で嫉妬される原因はさまざまありますが、対処法により改善することも可能です。

当記事では、職場で嫉妬されやすい人の特徴と対策をご紹介します。

自分がなぜ職場で嫉妬されるのか、嫉妬により嫌がらせされないためにはどうしたら良いのか知りたい方は、ぜひ最後までご覧ください。

 

\女性ばかりの職場でお悩み方は、以下の記事もおすすめ/

 

 

なぜ職場で嫉妬されるの?

職場は仕事をする場所で私情を挟むべきではないのに、なぜ職場で嫉妬されるということが起きるのでしょうか。

職場で嫉妬される大きな要因には、以下の2つがあります。

  • 他人に無いものを持っていると羨ましがられて嫉妬される
  • 他人が「自分のものを奪われそう」と感じると嫉妬される

さらに詳しく見ていきましょう。

 

他人にないものを持っていると嫉妬される

職場に限らずですが、嫉妬される人は何かと恵まれているケースが多いです。

美貌や能力、お金や家柄などが恵まれている人を見ると、つい羨ましいと思ってしまうもの。

「羨ましい」という気持ちをモチベーションにして頑張れる人もいますが、「どうせ自分なんて…」とこじらせてしまう人は羨ましいという気持ちが嫉妬になってしまいます。

 

他人が「自分のものを奪われそう」と感じると嫉妬される

職場で嫉妬される人は、上司や部下から慕われていたり、評価が高い人が多いです。

嫉妬する人からしたら、自分よりも慕われている人や評価されている人が面白くないもの。

今まで自分が築いてきた人脈や評価が奪われてしまうのでは?と思うようになり、嫉妬してしまいます。

 

職場で嫉妬される人の特徴とは?

職場で嫉妬される人は何かと恵まれていたり評価が高いなどの特徴があり、嫉妬する人が面白く思わないため、嫉妬されるということがお分かり頂けたかと思います。

こちらでは、職場で嫉妬される人の特徴をより細かくご紹介します。

主な特徴は以下の通り。

  • 見た目が魅力的な人
  • 性格が魅力的な人
  • 能力や評価が高い人
  • プライベートが充実している人

まずは、自分がどの特徴に該当しているから嫉妬されるのかを知りましょう。

 

見た目が魅力的な人

特に女性にありがちなのが、以下のように見た目が魅力的な女性への嫉妬。

  • 若い
  • 容姿端麗

若くて容姿端麗の女性は単純に羨ましいですし、職場の人からちやほやされていることも多いので、嫉妬される可能性が高いです。

 

性格が魅力的な人

性格が魅力的で、以下のように誰からも好かれるような人も嫉妬される傾向があります。

  • 上司や部下に慕われている
  • 誰とでも仲良くできる

上司や部下に慕われていたり誰とでも仲良くできるのは、誰しも羨ましいと思うもの。

「私の人脈が奪われる」などと思って嫉妬する人が、悪口などの嫌がらせをするケースがあるようです。

 

能力や評価が高い人

以下のように能力の高い人や着実に結果を出して評価される人は、嫉妬のターゲットになりやすいです。

  • 仕事ができる
  • 真面目で努力家
  • 上司やクライアントからの評価が高い

嫉妬する人の評価が下がる可能性があるという理由で、嫉妬されることがあります。

 

頭の良さや学歴も仕事の能力や評価につながりやすいので、嫉妬される原因になりがち。

  • 頭が良い
  • 高学歴など輝かしい経歴がある

学歴コンプレックスがある人は特に過剰に反応する傾向があるので、少しでも仕事でミスをすると、「〇〇大卒のくせに」などと非難してくる場合があります。

 

プライベートが充実している人

プライベートが充実しているのは、誰しも羨ましいですよね。

特に以下のように生まれつき恵まれた環境にいる人は、自分ではどうにもできない部分なので嫉妬される傾向が強いです。

  • お金持ち
  • 育ちがいい

 

また女性なら誰しも、恋愛がうまくいってたり家族が優秀だと羨ましいと思ってしまうもの。

  • モテる
  • 幸せそう
  • 彼氏や旦那さんのスペックが高い
  • 子供が優秀

「自分もモテたい」「幸せそうでいいな」とった気持ちが歪んで、嫉妬されることも多いです。

 

職場で嫉妬されるのはもう嫌だ!効果的な対処法とは?

職場で嫉妬される人には、さまざまなタイプがいることがお分かり頂けたかと思いますが、職場で嫉妬されるのも、嫉妬がエスカレートして嫌がらせされるのも嫌ですよね。

こちらでは、職場で嫉妬された場合の対処法を以下のパターンに分けてご紹介します。

  • 自分の考え方を変える
  • 自分の行動に気を付ける
  • 自分の発言に気を付ける
  • 嫉妬してくる人を立てる

職場での嫉妬の対処法を実践して、嫉妬される状況を打開していきましょう。

 

自分の考え方を変える

職場で嫉妬される場合には、まずは自分の考え方を変えるのが先決。

嫉妬する人と同じ土俵に立つといつまでも解決しなくなってしまうので、少しこちらが大人になって以下のように考え方を変えると良いでしょう。

  • 嫉妬深い女に対抗心をもたない
  • 自分は自分、人は人と線を引く

 

嫉妬されると影響を受けてしまう人もいるかもしれませんが、嫉妬する人に影響されないようにするのも大切。

以下のように嫉妬を恐れずに、「嫉妬されるほど魅力的な人間なんだ」と思考を変えることで余裕ができると、嫉妬してくる人があまり気にならなくなってくるでしょう。

  • 嫉妬を必要以上に恐れない
  • 他人から嫉妬されるほど魅力的なんだと認識する
  • 開き直る強さや受け流す力をつける

 

自分の行動に気を付ける

職場で嫉妬されることは、日頃の行動を改めるだけでも改善される可能性が高まります。

嫉妬のターゲットは目立つ人が多い傾向があるので、まずは以下のように控えめでいるようにしてみましょう。

  • 自然体でいる
  • なるべく目立たない

 

職場では立場が偏っていたり、人によって態度を変えていると反感を買いがち。

以下のポイントに気を付けて、常に中立な立場を心がけることも大切です。

  • どこにも属さない
  • 上司や男性社員との接し方に注意する

 

特に女性が注意したいことと言えば、恋愛沙汰。

以下に気を付け、職場に恋愛事情を持ち込まないようにした方が良いでしょう。

  • 色気を消してモテないようにする
  • 社内恋愛はこっそりする

 

仕事は職場のチームワークにより成り立っている部分もあります。

以下のように他者への配慮を心がけていくと、嫉妬される可能性が低くなり、仕事の結果にもつながる良い循環ができていく場合もあります。

  • 周りへの気遣いを忘れない
  • キャラ被りをしないようにする

 

どんなに職場で嫉妬されるのが嫌だと思っていても、人として当たり前のことができていないと、悪口や嫌がらせをされるリスクが高まります。

相手と同じ土俵に立たないためにも、以下のポイントに気を付けていきましょう。

  • 嫌悪感があっても挨拶だけはきちんとする
  • 喧嘩を買わない・売らない

 

自分の発言に気を付ける

職場での発言は人づてに広がって誤解されがちなので、嫉妬される人は特に気を付けたいポイント。

人から嫉妬されるような話題は「嫉妬の種」になるので、職場では絶対しないように気を付けましょう。

  • 自慢話をしない
  • 羨ましがられるようなプライベートな話題を控える

 

職場で嫉妬される人は、スキがなく非の打ちどころがないと思われているのも嫉妬される理由のひとつ。

失敗談や弱点など自分の弱みとなるような話題をすることで、「完璧じゃないんだ」と思わせることができて、嫉妬されなくなる可能性もあります。

  • 自分の失敗や弱点を話す
  • 不幸ネタを話す

 

女性の間でよくありがちなのが、悪口などのトラブル。

嫉妬される人が悪口を言っていたり、「うんうん」と同調してしまうと、さらに嫉妬による攻撃が強まる可能性があるので、気を付けましょう。

  • 悪口を言わない
  • 悪口に同調しない

 

嫉妬される人は恵まれていたり能力が高い人が多いので、褒められることも多いのではないでしょうか。

褒められて当然という態度が反感を買うのはもちろんのこと、謙遜し過ぎるのも「本当はそう思っているくせに」などと思われて反感を買うことがあるので、気を付けましょう。

  • 褒められたら感謝を述べる
  • 褒められたときは謙遜しすぎない

 

嫉妬してくる人を立てる

職場で嫉妬してくる人は、「認められたい」「優位に立ちたい」などと思っているケースがほとんど。

以下のように嫉妬してくる相手を立てる会話を心がけて欲求を叶えてあげると、あなたのことを味方と認識して嫉妬されないようになるでしょう。

  • 相手を褒めて自信をつけさせる
  • 相手の自慢ポイントに話題を変える

 

嫉妬してくる人を立てるには、人間関係や仕事などでメリットのあることをしてあげるのも効果的。

ただし、あまりやり過ぎると逆効果になって苛立たせてしまうので、さり気なくするのが良いでしょう。

  • 人間関係の潤滑油になる
  • 手柄を相手のものにしてあげる

 

嫉妬する人に近付かないのも効果的!嫉妬してくる人の特徴とは?

職場で嫉妬される人の特徴や対策に触れてきましたが、参考になったでしょうか。

職場で嫉妬される人にも特徴があるように、嫉妬してくる人にも以下のような特徴があります。

  • 自分のことをすごいと思っている
  • ネガティブ思考
  • 競争心が強い

こちらでは、嫉妬してくる人の特徴を詳しくご紹介します。

該当する人には近付かないようにして、職場で嫉妬されたり嫌がらせされないようにしましょう。

 

自分のことをすごいと思っている

職場で嫉妬してくる人は自分のことをすごいと思っているので、他人が評価されているのがとにかく気に入りません。

自分の人脈や成果が奪われるのでは?と思って嫉妬し、嫌がらせをしてくることがあります。

特に以下のような人はその傾向があるので、気を付けましょう。

  • 自己中心的な人
  • 承認欲求が強い人
  • 自分は特別だと思っている人

 

ネガティブ思考

ネガティブ思考の人も職場で嫉妬しがち。

美貌のある人や優秀な人を見ると、「どうせ自分なんて…」と思ったり、自分を取り巻く環境が変わってしまったら嫌だという思いから嫉妬してきます。

以下のような人はその傾向が強いため、なるべく距離を置きましょう。

  • コンプレックスや劣等感がある人
  • 変化に敏感で不安になりやすい人
  • 不器用な人

 

競争心が強い

かなりめんどくさいのが、競争心が強い人。

こちらは競争するつもりがなくても、勝手に競争心を抱いて仕事やプライベートの充実度を比較して嫉妬してきたりします。

以下のように競争心の強い人には、目を付けられないように注意しましょう。

  • 勝ち負けにこだわる人
  • 人の幸せや成功を喜べない人

 

職場で嫉妬されるのが嫌なら相談するのもおすすめ

職場で嫉妬される場合の対処法を実践しても嫉妬されたり、嫉妬がエスカレートして嫌がらせされるようであれば、誰かに相談してみましょう。

嫉妬の悩みをひとりで抱え込んでいると辛いものです。

以下のように、自分の信頼できる人に相談してみると良いでしょう。

  • 信頼できる先輩に相談する
  • 同僚以外の友人に相談する
  • 上司にに相談する

 

 

職場で嫉妬されるのが辛すぎて辞めたいなら、転職を検討してみては?

職場で嫉妬される場合の対処法でも改善できない、誰かに相談しても改善できないという場合は、思い切って転職を検討してみてはいかがでしょうか。

例えば若さが原因で嫉妬される場合は、職場の年齢層が高い可能性があるので、自分と同じ年齢層の人が多い職場に転職すればターゲットになるリスクが低くなります

優秀で能力が高いことが原因で嫉妬される場合は、優秀な人が多い大手の企業なら周りも優秀な人が多いので嫉妬されにくくなります

辞めたいと思うほど職場で嫉妬されるのが辛い、ひどい嫌がらせを受けているという方は、ぜひ検討してみてください。

 

普段の振る舞いで職場の嫉妬は改善できる

職場で嫉妬される人の特徴と、嫉妬への対処法をご紹介してきました。

さまざまな理由で起きてしまう嫉妬ですが、自分の考え方が言動を改めることで改善することも可能です。

まずは自分でできる嫉妬への対処法を実践し、どうしても改善できないようであれば他人に相談したり転職を視野に入れてみてはいかがでしょうか。

 

>>職場環境TOPページへ

タイトルとURLをコピーしました