女性ばかりの職場ってめんどくさい…|よくあるお悩みや気を付けることをご紹介

仕事の悩み

女性ばかりの職場で悪口や派閥などの人間関係のトラブルがめんどくさいと思ったり、暗黙のルールがあってめんどくさいと思ったりすることはないでしょうか。

一見すると些細なことのように思えますが、これらが積み重なっていくとストレスに感じるようになり、仕事にも支障が出たり、仕事を辞めたいと思うようになる可能性もあります。

当記事では、女性ばかりの職場でよくあるお悩みにフォーカスして、原因や気を付けることなどの対処法などをご紹介していきます。

女性ばかりの職場の人間関係がめんどくさいと思っている方、ストレスが重なってもう辞めたいと思っている方はぜひ参考にしてみてください。

 

 

女性ばかりの職場にありがちなお悩みとは?

女性ばかりの職場にありがちな悩みには、大きく分けて以下の3つがあります。

  • 人間関係の悩み
  • 会話の悩み
  • 環境の悩み

こちらでは、女性ばかりの職場でよくあるお悩みをカテゴリ別にご紹介します。

女性ばかりの職場でお悩みの方は、まずは自分の職場のお悩みが何に該当するのか、理解していきましょう。

 

人間関係の悩み

 

お局様や女上司が怖い

お局様や女上司が怖いのも、女性ばかりの職場にありがちなお悩み。

お局様や女上司は年齢や立場などが優位なことを利用して、自分よりも下の人に対して高圧的な態度になりがち。

これによって思うように意見を述べられなかったり、理不尽な指示も聞かざるを得ないといった状況があるようです。

 

グループや派閥など人間関係がめんどくさい

女性は何かとグループを作りたがる傾向があります。

全員が仲良くなれれば良いのですが、中には性格があわない人もいるのでグループが分かれたり、派閥問題にまで発展するケースも。

グループや派閥も考慮して仕事をしなければならない場合もあるので、かなりめんどくさいお悩みと言えます。

 

冷たくされたり、嫌がらせをされる

見た目や仕事ぶりなど、何か気に入らないことがあると冷たくしたり嫌がらせをする人もいます。

その人ひとりならまだしも、悪口を他人に言って悪い印象を植え付ける人もいるので、かなり厄介なお悩みです。

 

無視されたり、仲間外れにされて孤立する

女性は「みんな同じ」という均質を好む傾向があります。

ひとりだけ目立っていたり違う部分がある人を仲間ではないとみなし、話しかけているのに無視したり仲間外れにして孤立させるといったことがあります。

 

会話の悩み

 

うわさ話や悪口が多い

女性ばかりの職場のお悩みの定番と言えば、うわさ話や悪口。

女性はおしゃべりが好きだったり、何かとつるみたがる性質があります。

誰かひとりをターゲットにしてうわさ話や悪口を言うことで連帯感が生まれて仲間意識も生まれるので、女性ばかりの職場ではうわさ話や悪口が多くなってしまいがちです。

 

マウンティングしてくる

マウンティングは、「他人と比較して自分が少しでも優位に立ちたい」と張り合うこと。

学歴や美醜、彼氏や夫の収入や勤め先などを比較して、自分が優位なものをアピールしてくるというお悩みもあります

男性よりも女性同士でよく見られるイメージがあるため、女性ばかり職場でよくあるお悩みのひとつです。

 

会話の内容に気を遣う

女性ばかりの職場は、会話の内容に気を遣うという意見も多いようです。

恋愛や結婚、子供や家庭の話題など、軽い気持ちで話したことが自慢話だと思われてひがまれることケースもあります。

 

プライベートを根堀り葉掘り聞いてくる

恋愛や家庭など、あまり触れられたくないプライベートな話題を根堀り葉掘り聞いてくる人もいます。

「話したくない」と言うと角が立ったり他人に悪口を言われる可能性があるため、話したくなくても話している人が多いようです。

 

環境の悩み

 

独自ルールを押し付けてくる

就業規則に定められているわけでもないのに、職場独自のルールを押し付けられることも多いようです。

服装や髪型、メイクなどの見た目や、仕事内容など独自ルールはさまざま。

ルールを守らないと責められたり、嫌がらせや孤立させるといったこともあるようです。

 

服装や持ち物を細かくチェックしてくる

女性はついつい細かい部分に目がいってしまうところがあります。

私服や持ち物をいちいちチェックされたり、メイクや髪色が派手だと目を付けられそうなど、周りの女性の視線が気になるというお悩みもあるようです。

 

職場以外での付き合いが多い

ここ数年で「女子会」という言葉が一気に根付いてきました。

仕事が終わってようやく解放されたと思っても、女性ばかりの職場だと女子会が頻繁に開催される傾向が強いとのこと。

女子会に参加しないと何を言われるか分からないといった恐れから、めんどくさいと思っても嫌々参加している人が多いようです。

 

なぜ女性ばかりの職場はトラブルが起きやすいの?

女性ばかりの職場ではさまざまなトラブルがあることがお分かり頂けたと思いますが、そもそもなぜ女性ばかりの職場でトラブルが起きやすいのでしょうか。

こちらでは、女性の性質や心理に着目して、女性ばかりの職場でトラブルが起きやすい理由を解説していきます。

 

感情的で論理的な思考が出来ない

「女性は感情的な生き物だ」という言葉を聞いたことが無いでしょうか。

女性でもさまざまなタイプの方がいるため、一概に全員が感情的とは言えませんが、男性は論理的で女性は感覚的という傾向があるようです。

論理的な思考であれば、仕事を円滑に進めるためにトラブルを避けようとしますが、自分の好き嫌いなどの感覚を優先するため、トラブルが発生しやすい傾向があります。

 

自分にちやほやする人を味方と判断する

女性に限らず、ちやほやされると嬉しいという人も多いのではないでしょうか。

自分にちやほやしてくる人に対しては好意を抱きやすく、味方と判断して仲良くするものです。

一方、自分に反論してきたり媚びを売ってこない人は敵とみなし、自分のコミュニティから排除しようとする場合があります。

 

自分よりも優れている人に嫉妬する

自分よりも若い人や美しい人に対して、羨ましいという気持ちが芽生えることもあるかと思います。

羨ましいという気持ちをモチベーションに転換できれば良いのですが、こじらせると嫉妬になりがち。

嫉妬すると嫉妬の対象となる人に嫌悪感を抱くようになるため、トラブルが発生しやすくなります。

 

他人を蹴落として優位に立とうとする

人間誰しも他人よりも認められたいという承認欲求があり、特にマウンティングしたがる人は承認欲求が強い傾向にあります。

年齢や見た目の美醜はどうにもできませんが、仕事の出来不出来は必要な情報をあえて伝えないなどして他人を蹴落とすことが可能なため、そのような嫌がらせをする人もいるようです

 

「みんな同じ」が求められる

男性は狩猟民族タイプ、女性は農耕民族タイプとも言われています。

農耕民族タイプの女性はコミュニティを形成して、コミュニティの輪を大切にするため、輪を乱すような目立つ人を排除したがる傾向があります。

 

プライベートと仕事を切り分けられない

女性の多くは、仕事やプライベートを問わず何でも話せると仲が良いと思う傾向があります。

コミュニティを形成したがるのも相まって、プライベートと仕事を切り分けずに色々と話したがったり聞きたがったりする人も多いです。

 

女性ばかりの職場でトラブルを起こす人の特徴とは?

女性特有の性質により女性ばかりの職場でトラブルが起きやすいのですが、必ずしも全員がトラブルを引き起こすわけではありません。

女性ばかりの職場でトラブルを起こす人は、主に以下の3つのタイプに分けられます。

  • 自己中心的な人
  • 承認欲求が強い人
  • 責任逃れをする人

ここからは、女性ばかりの職場でトラブルを起こす人のタイプ別の特徴をご紹介します。

自分の職場に当てはまる人物がいないか、チェックしてみましょう。

 

自己中心的な人

 

感情的で攻撃的

女性ばかりの職場に限らず、攻撃的な人が1人か2人は存在するものです。

攻撃的な人に目を付けられると以下のようなめんどくさい事態に陥るので、自分を守る術を身に付けておく必要があります。

  • やることなすこと文句を言う
  • 些細な事で感情的に怒鳴り散らす
  • ネチネチと嫌味を言う
  • 鋭い目つきでにらむ
  • わざと聞こえるように悪口を言う

 

気分屋

機嫌の良い時はニコニコして冗談も言ってくるのに、機嫌が悪い時はイライラして目も合わせてくれない。

そんな気分屋の人も、何かとトラブルを引き起こしがちです。

機嫌を損ねるようなことがあると、他人に悪口を言ったり仕事を教えないなどの嫌がらせをすることがあります。

 

マウンティングしたがる

他人よりも自分の方が幸せだと実感することで安心する人もいます。

このような人は、あらゆる情報を集めて周囲の人達にマウンティングしたがる傾向があります。

マウンティングしたがる人はあらゆる手段で他人よりも優位に立とうし、バカにするような言い方をしたり、威圧的な態度を取ってきます。

 

偉そう

女性ばかりの職場でなくても、上から目線で偉そうに言ってくる人っていますよね。

上司や先輩ならまだしも、同僚や後輩だとイラっとすることがあるのではないでしょうか。

反発心が出てくるかもしれませんが、偉そうな女性は高圧的な態度をとってきたり、逆らおうとすると嫌がらせをしてくる場合があるので気を付けて接する必要があります。

 

承認欲求が強い人

 

悪口や噂話が好き

女性ばかりの職場で悪口を言う人がいて、休憩中にその場にいない人の悪口で盛り上がるという光景をよく見かけますよね。

悪口や噂話は聞いているだけでも嫌な気分になるし、自分も言われているかもしれないと不安に思うのではないでしょうか。

悪口や噂話が好きな人は、悪口に対する反応によってはあなたの悪口を言いだす可能性もあるので、かなり厄介な存在です。

 

劣等感が強い

劣等感が強い人は、年齢や美醜や仕事の出来などさまざまなものを他人と比較して劣等感を抱きがち。

劣等感がエスカレートしてくると嫉妬の感情となり、無視されたり嫌がらせをされる場合があります。

 

揚げ足を取りたがる

人のミスに対して何かと揚げ足を取りたがる女性がいます。

ひどいケースだと、何気ない態度や発言などもすべて否定的に受け止めて揚げ足を取ってくる人も。

そのような人と一緒に仕事をしているとストレスを感じますし、自分に自信が持てなくなるなどのデメリットもあるので注意が必要です。

 

寂しがり屋のかまってちゃん

寂しがり屋のかまってちゃんは、かなりめんどくさい存在。

自分にかまってほしいという理由で、平気で嘘をついたり他人を蹴落としたり、プライベートに図々しく入り込んでくる場合があります。

このような人とは一線を引いて接していくのが良さそうですが、対応の仕方によっては悪口の対象にされる可能性もあるので要注意です。

 

責任逃れをする人

 

嘘ばかりつく

嘘ばかりつく人のせいで、自分が悪者に仕立て上げられたことはないでしょうか。

嘘ばかりつく人は自分の身を守るためなら平気で嘘をつきます。

振り回されないようにするためには、以下のような対策をして自分の身を守らなければなりません。

  • 周囲の人と信頼関係を築いておく
  • 複数名の人に確認をとる
  • 会話や指示の内容を記録に残す

 

無責任

無責任な人が職場にいると、真面目に仕事をしている自分までとばっちりを受けてしまうことがあります。

無責任な人のせいでとばっちりを受けないようにするには、早い段階で相手の無責任さに気付くのがベスト。

以下のような言動が見られたら、無責任な人なので気を付けましょう。

  • 「○○さんにしてもらったので、私は知りません」と責任転嫁をしてくる
  • 「やりたい」と言い出したのに何もしない
  • 「手伝って」と言われたから手伝っていたのに、本人は先に帰る

 

女性ばかりの職場でターゲットにされやすい人の特徴とは?

めんどくさいトラブルが多い女性ばかりの職場ですが、すべての人がこのようなトラブルに遭うわけではなく、ターゲットにされやすい女性が被害に遭うケースが多いようです。

女性ばかりの職場でターゲットにされやすい理由は、主に以下の2つ。

  • 嫉妬されている
  • 見下されている

こちらでは、女性ばかりの職場でターゲットにされやすい人の特徴を、理由別にご紹介します。

ひとつでも当てはまっていたらターゲットにされる可能性があるので、気を付けましょう。

 

嫉妬されてターゲットにされている

 

若い

どんなにあがいても、年を取ることには逆らえません。

若い人は肌や髪にハリやツヤがあり、そこまでケアしなくても自然の美しさがあるので羨ましがられます。

また若いというだけでちやほやする男性もいるため、嫉妬の対象になりやすいです。

 

モテる

男女問わずモテたいという願望はあるものです。

さまざまな男性からアプローチを受けている女性は、モテない女性の敵と認定されがち。

ひどい時には、結託して集団で嫌がらせをされるケースもあるようです。

 

仕事ができる

仕事をしていれば、誰でも仕事ぶりで認められたいものです。

仕事ができる人は上司やお客様からの評価が高く、褒められたりすることが多いので嫉妬の対象になりがち。

仕事の足を引っ張るなどの嫌がらせをされるケースもあります。

 

学歴が高い

学歴を気にする風潮はあまり見られなくなってきましたが、出身大学などの学歴でその人のレベルをはかる人は未だにいるようです。

有名大学出身という話をすると、その場では「すごい」と言いながら腹の底では嫉妬の感情が渦巻いているといったことがあるようです。

 

上司や先輩社員に気に入られている

仕事ぶりが良かったり高学歴だったり、人の懐に入るのが上手なタイプの人は、上司や先輩から一目置かれたり気に入られやすいです。

上司や先輩社員に気に入られると仕事のチャンスが巡ってきたり何かとメリットが多いので、それを良く思わない人から嫌がらせをされる場合もあります。

 

彼氏がいる or 婚約・結婚している

女性の幸せの指標と言えば、恋愛の充実度ではないでしょうか。

彼氏がいたり、婚約・結婚している人は、彼氏がいない人たちの嫉妬の対象になるため、悪口や噂話をされるなどのトラブルに見舞われることがあります。

 

ブランド品ばかりを身に着けている

高級ブランドのバッグや財布を持っていたり、靴やバッグを身に付けているだけでも嫉妬の対象にされてしまいます。

特に見ただけでそのブランドだとわかるもので身を固めていると、「どこからそんなお金が出てくるのか」とあらぬ噂話をされてしまうこともあるので注意が必要です。

 

見下されてターゲットにされてる

 

仕事ができない

仕事ができると嫉妬されて嫌がらせをされるとお伝えしましたが、あまりにも仕事ができないとトラブルに見舞われてしまいます。

「あの人は仕事ができない」「あの人に任せない方が良い」などと悪口を言われる可能性があるので、ある程度仕事ができるように努力をする必要があります。

 

仕事をしない

女性ばかりの職場に限らず、職場で仕事をしない人間は論外。

仕事をせずにずっとおしゃべりをしていたりネットサーフィンをしていたら、「給料泥棒」と言われても仕方ありません。

職場は仕事をする場所なので、仕事に集中するのがベストでしょう。

 

気配りができない

女性は気配りができて当然といった風潮があるようです。

同じ仕事をしている人が終わっていないのに手伝うことなく帰ってしまったり、旅行に行ったらお土産を買ってくるなどの気配りができていないと、悪口を言われるなどのトラブルに遭う可能性があります。

 

挨拶やビジネスマナーができていない

挨拶やビジネスマナーは社会人の基本。

めんどくさいという理由で挨拶やビジネスマナーを怠ると、上司や先輩、お客様からも信用を得られずに、冷たくあしらわれるといったことがあります。

 

身なりに気を付けない

ブランド品ばかりでがっちり固めすぎるのは良くないとお伝えしましたが、あまりにも身なりに気を配らないと不潔な印象を与えてしまいます。

以下に当てはまる場合、トラブルのターゲットにされる可能性が高いので気を付けましょう。

  • 寝癖のまま出社する
  • ファンデーションを塗ったり眉毛を描くなど最低限のメイクもしない
  • ヨレヨレの服や毛玉だらけの服を着ている
  • 汚れた靴やボロボロの靴を履いている

 

女性ばかりの職場で生き抜くための対策とは?

女性ばかりの職場では、さまざまな理由で人間関係などのトラブルに遭う可能性があるのがお分かり頂けたのではないでしょうか。

そんな女性ばかりの職場で生き抜くには、以下の3つのような対策が有効です。

  • 自分の言動に気を付ける
  • 仕事に集中する
  • 嫉妬されないように見下されないように、職場に順応する

ここからは、女性ばかりの職場で生き抜いていくための対策を上記のカテゴリ別にご紹介します。

女性ばかりの職場でめんどくさいとストレスを感じている方は、参考にしてみてはいかがでしょうか。

 

自分の言動に気を付ける

 

人の悪口を言ったり、同調しない

女性ばかりの職場でうまくやっていきたいのなら、悪口は禁物。

一緒になって話すのはもちろん、うなずいてしまうのも他人から見れば悪口を言っているのと同じなので良くありません。

意見を求められても「よく分からない」と言って濁し、その場を離れた方が良いでしょう。

 

お局様に逆らわない

女性ばかりの職場だけでなく、どこの職場にも必ず存在するのが「お局様」。

お局様の機嫌を損ねてしまうと、他の女性たちとうまくやっていくことも難しくなります。

馬鹿馬鹿しいと思う気持ちもわかりますが、お局様を立てることも仕事のうちと割り切って考えた方が良いかもしれません。

 

男女で態度を変えない

お気に入りの男性が職場にいたとしても、男女平等が鉄則。

女性は男性社員に媚びる言動に敏感なので、「男に媚びている」などと悪口や噂話をされてしまいます。

やきもきするかもしれませんが、男性にアピールしたいのであれば他の女性たちの目がないところでするのが良いでしょう

 

愚痴やネガティブなことばかりを言わない

愚痴やネガティブな話題を聞いていると、聞いている方まで気が滅入ってしまいます。

たまに話す程度であれば良いのですが、あまりに多いと「あの人は愚痴ばかりで疲れる」などと言われてしまうので、気を付けましょう

 

挨拶などのコミュニケーションをちゃんと取る

挨拶をされて嫌な気持ちになる人はいませんが、挨拶をされなくて嫌な気持ちになる人はたくさんいます。

たかが挨拶、されど挨拶。

「おはようございます」「お疲れ様です」など、基本的な挨拶はきちんとできるようにしましょう。

 

女性ならではの気遣いも忘れない

女性ならではの気遣いは、女性ばかりの職場でうまくやっていくために必要なことです。

たまにお菓子を差し入れしてみたり、服装やメイクを褒めるなどちょっとしたことでOK。

少々めんどくさいかもしれませんが、良好な人間関係を築くチャンスだと思ってやってみると良いでしょう。

 

他人を変えようとしない

女性ばかりの職場で悪口を言っていたりマウンティングしている人が不快だからと言って、過度に注意したり更生させようとすると、とばっちりを受けてしまう可能性があります。

自分は自分、他人は他人と線引きをし、あまり介入しない方が良いでしょう。

 

仕事に集中する

 

適度な距離感を保つ

職場は仕事をする場所で、友達を作る場所ではありません。

昨日まで仲良くしていたと思ったら、機嫌次第で態度が変わってしまうこともよくあります。

その様な人に振り回されるのは厄介なので、適度に距離を保った方がストレスを感じることもなくなるでしょう。

 

グループや派閥には属さない

どのグループにも属さないと悪口やうわさ話を聞く必要もなく、自分のペースを維持することができます。

すでに職場の女性グループに属している場合は難しいかもしれませんが、新しい職場で働くのなら、「集団行動をしないタイプ」と印象付けてしまうと良いでしょう

 

仕事には真面目に取り組む

職場は遊ぶ場所ではなく仕事をする場所です。

誰かと仲良くしたい、話したいという気持ちもあるかもしれませんが、仕事をしないでいるとターゲットにされてしまいます。

誰かと仲良く話したいのであれば、休憩時間に話したりするのが良いでしょう。

 

周りの人の仕事にも気を配る

女性ばかりの職場だけでなく、仕事は色んな人の仕事によって成り立っているケースがほとんどです。

自分の仕事が終わったからといって定時で帰ると、職場の女性から反感を買う可能性があります。

自分の仕事さえやればいいと思うかもしれませんが、「何か手伝えることはありますか」などと声をかけるだけでも印象が違いますし、自分が困った時に助けてもらえるかもしれないので周りの人の仕事にも気を配りましょう

 

仕事とプライベートを割り切る

仕事とプライベートを割り切る姿勢を見せると、職場の女性からのお誘いも少なくなるはずです。

ただし断る時は丁寧に断り、「行きたくないから行かない」などと失礼な対応をしないように気を付けましょう。

 

信頼できる同僚や先輩か、社外の人に相談する

女性ばかりの職場で悩みやトラブルがあったら、一人で抱えず信頼できる人に相談しましょう。

解決に至らなかったとしても、他人に話を聞いてもらうだけで気持ちが楽になるものです。

ただし、いつも文句ばかり話しているとあなた自身が嫌な人と思われてしまうので、ほどほどにしましょう。

 

嫉妬されないように見下されないように、職場に順応する

 

職場ルールや慣習を把握する

女性ばかりの職場では、独自の職場ルールや慣習があるところが多いです。

すべてルールどおりに行動する必要はありませんが、ルールを知っておくことで必要以上のトラブルを避けられます。

めんどくさいと思うかもしれませんが、周りをよく観察してルールや慣習を把握して行動すると良いでしょう。

 

目立つことをしない

女性ばかりの職場では人と違うことをして目立っただけで、悪口や噂話のターゲットにされてしまいます。

基本的には控えめに行動し、悪目立ちしないようにするとトラブルを避けられます。

 

自慢話は控え、謙虚な姿勢でいる

女性は上下関係よりもコミュニティを大切にします。

また、恋愛や仕事などの他人の幸せや成功に対して敏感に反応するので、羨ましいと思ったり抜け駆けされたなどと思われるケースがあるようです。

自分では自慢だと思っていなくても自慢話のように聞こえる場合があるので、恋愛や仕事がうまくいっているという話はしない方が良いでしょう。

 

身なりを清潔にし、TPOを意識した服装をする

あまりにも身なりに気を遣わなかったり、「遊びに来たのか?」と思われるような派手な格好はトラブルのターゲットにされやすいです。

職場はひとりで仕事をする場所ではなく、みんなで仕事をする場所。

清潔感のある身なりを心がけ、仕事をするのに相応しい服装を意識すると良いでしょう。

 

人が羨むような物を会社に身に着けていかない

ブランド品でガチガチに固めていると、女性ばかりの職場ではターゲットにされやすいとお伝えしてきました。

パッと見で高級ブランドと分かるものや、有名ブランドの新作などは誰もが羨むもの。

見せびらかしたい気持ちも分かりますが、仕事では身に着けずにプライベートで使用するようにしましょう。

 

どうしても辛い時は「転職」を検討してみるのもおすすめ

女性ばかりの職場がめんどくさい、人間関係のストレスが辛い、会社を辞めたいという方は、転職を検討してみてはいかがでしょうか

女性ばかりの職場から男女比が半々の職場に転職するだけで、状況はかなり改善されます。

しかしながら、少なからず女性がいる職場では、これまでにお伝えしてきたトラブルが起きる可能性があります。

要注意人物に近付かないようにしたり、ターゲットにされないように振舞うようにしましょう。

 

女性ばかりの職場で生き抜く処世術を身に付けて乗り越えよう

女性ばかりの職場でありがちなお悩みにフォーカスして、原因や気を付けることなどの対処法などをご紹介してきました。

少しは参考になったでしょうか?

女性ばかりの職場では、人間関係のトラブルなどめんどくさいトラブルが発生しがちですが、対処法により回避することもできます。

しかしながら、あまりにもストレスが重なってもう辞めたいと思っている場合には、自分の身を守るためにも職場環境を変えるなど検討してみてはいかがでしょうか。

 

タイトルとURLをコピーしました