女性ばかりの職場を辞めたい男性へ|職場のストレスから解放される対処法をご紹介

職場環境

「女性ばかりの職場を辞めたい…」そんな男性の声をよく耳にします。

女性ばかりの職場ならモテると思って入社したのに、いざ入社してみたら「おしゃべりがうるさい」「人間関係が複雑」などのトラブルが多く、理想と現実のギャップで「女性ばかりの職場を辞めたい…」という男性が多いようです。

当記事では、女性ばかりの職場を辞めたいと思っている男性向けに、ストレスから解放される対処法をご紹介します。

今すぐできる対処法だけでなく、記事の後半では辞めて転職する場合の会社選びのポイントなどにも触れているので、ぜひ最後までご覧ください。

 

※女性ばかりの職場でお悩みの女性は、以下の記事をご覧ください。

 

 

女性ばかりの職場って疲れる…女性が多い職場の特徴とは?

女性ばかりの職場で男性が働いていると、性質の違いから疲れると思うことが多く、最終的に辞めたいと思ってしまうようです。

女性ばかりの職場での対処法に入る前に、女性ばかりの職場の特徴をご紹介します。

会社や職場にもよりますが、以下のような特徴があるということをまずは頭に入れておきましょう。

 

おしゃべりが多くてうるさい

男性の仕事中の会話は仕事に最低限必要なものに留まりますが、女性は仕事と関係のない他愛のないことをよく喋っています。

男性からしたら「よくおしゃべりしながら仕事ができるな…」と思うかもしれませんが、女性は脳の構造的におしゃべりをしながらでも仕事を進めることができてしまう生き物

逆に何もしゃべらない時間が続くと苦痛に感じる人が多い傾向にあるので、女性ばかりの職場はおしゃべりが多くてうるさいという特徴があるようです。

 

人間関係がめんどくさい

女性ばかりの職場では、以下のような人間関係のトラブルがよくあります。

  • お局様や女上司が怖い
  • グループや派閥問題がある
  • 冷たく接したり、嫌がらせをする
  • 無視したり、仲間外れにする

男性同士では起こりにくいこのようなトラブルが多いため、女性ばかりの職場に勤めている男性はめんどくさいと思うこともあるようです。

 

女性が強気で肩身が狭い

男性の目があると女性は女性らしく控えめに振舞おうとするものですが、女性ばかりの職場では男性の目が少ないのをいいことに強気になる女性が多いようです。

元々強気な性格の女性もいますが、特に部下を持った女性は顕著。

上から目線で話してきたり、逆らわないように圧力をかけきたり、男性のことを見下してくる場合もあります。

 

感情的で好き嫌いで仕事をしている

女性は論理的思考ができず、感情的な人が多いと言われています。

男性は冷静に状況を判断して意思決定などをしますが、女性は自分が好きか嫌いかで意思決定をしてしまう傾向があります。

仕事における意思決定は会社や職場の業績にもつながるので、致命的な問題と言えます。

 

「男だから…」という理由で仕事が増やされる

女性ばかりの職場では、「男だから…」という理由で以下のように仕事が増やされるといったお悩みも多いようです。

  • 力仕事全般
  • 汚れる仕事
  • 残業

男だからという理由で仕事を押し付けられたら、誰でも辞めたいと思いますよね。

こういった場合は「セクハラ」や「パワハラ」に該当するので、人事や労働組合など然るべきところに相談する必要があります。

 

清潔感が無いと距離を置かれる

女性は他の女性の髪型や服装など、細かい部分を何気なくチェックしています。

男性だったらチェックされないだろうと思ったら、大間違い。

男性の服装や髪型、香りなども細かくチェックしており、不潔感を抱くと距離を置くようになってしまいます。

 

色々と気を遣わなければならない

女性は何かと気配りをする傾向があります。

男性だからといって気配りしなくていいということはなく、気配りをしておかないと「あの人は気が利かない」などと悪口を言われるケースがあります。

会話の内容や仕事の依頼の仕方、お菓子の差し入れなど、何かと気を遣うのでもう辞めたいと思う男性が多いようです。

 

女性ばかりの職場で働き続けたい時の対処法

女性ばかりの職場では何かとトラブルが多いので、辞めたいと思う一方、仕事内容や会社に対して不満がないので、働き続けたいという人もいるのではないでしょうか。

こちらでは、女性ばかりの職場で働き続けたい場合の対処法をご紹介します。

 

女性と仲良くする

 

女性の輪に入ってしまう

職場の女性と仲良くするのであれば、思い切って女性の輪に入ってしまうのがおすすめ。

女性が好きそうな話題のスポットや新作のお菓子の情報、芸能ネタや料理の献立などを頭に入れておくと女性の輪にすんなり入れるでしょう。

ただし、仕事中の長話は禁物。

5分くらい話したら、「早く仕事を終わらせて定時で帰ろう」などとアピールをすると、相手の女性も「自分も定時で帰りたい」と意識が向いて仕事するようになるでしょう。

 

話を聞いて共感してあげる

女性は「解決策よりも共感を求める」というのを聞いたことがないでしょうか?

女性は話を聞いて共感してもらえるだけで、満足する傾向が強いです。

「ただ聞くだけでいいんでしょ?」と思うかもしれませんが、それほど単純ではありません。

きちんと相手に体を向けたり、相槌を打ったり、質問して話を掘り下げるなどすることで、ちゃんと聞いてくれていると思ってくれます。

 

お土産やお菓子を配る

女性ばかりの職場では、さり気ない気配りが重要です。

休日に旅行した場合は、必ず職場にお土産を持っていくようにしましょう。

旅行をしていなくても、休憩時間などに「美味しそうなお菓子を見つけたので買ってきました」などと小さなお菓子を配るだけでも好印象。

さり気ない気配りを重ねていくことで、女性ばかりの職場で円滑なコミュニケーションをとる助けとなるでしょう。

 

清潔感を保つ

女性は見た目や匂いにかなり敏感です。

体臭が強かったり、フケが出ていたり、脂ぎっていると、生理的に嫌われて避けられてしまいます。

特に気になりやすい、以下には注意しましょう。

 

体の匂い

汗臭いのも香水がきついのもNG。

毎日シャワーを浴びるのは当然ですが、制汗スプレーなどで匂い予防もしておきましょう。

女性にモテると宣伝をしているスプレー類は匂いが強すぎて嫌がられますし、「モテたいの?」と気持ち悪がられる可能性もあります。

 

髪の毛

髪の毛にフケが付いていたり、頭皮が匂うのも良くありません。

フケは出ているのに気づかない人が多いので、鏡でよくチェックしましょう。

暑い時期は寝ている間に汗を書きやすいので、朝に髪を洗うなどして頭皮の匂い対策をしておくと良いでしょう。

 

服装

女性は服装に対して敏感で、毎日同じ服を着ているとすぐに気付かれてしまいます。

以下のポイントに気を付けて、服装も整えるようにしましょう。

  • 服装が乱れていないか
  • スーツやシャツがくたくたになっていないか
  • スーツを定期的にクリーニングしているか
  • 汗やタバコの匂いがしないか

 

仕事に集中する

 

目標を設定して仕事に集中する

女性ばかりの職場に限らず、仕事に集中したいなら明確に目標を設定すると良いでしょう。

受注件数や受注金額、仕事を効率化して残業時間を〇時間以下にするなど、数値化できる目標だとベスト。

1日単位でも、「絶対に定時で帰る」という目標を設定すると周囲を気にする余裕もなくなるのでおすすめです。

 

少し距離を置いて接する

自分の仕事に集中したいなら、職場の女性たちとは少し距離を置いて接する方が良いでしょう。

少し距離を置いて接することで、気が利く女性であれば「仕事の邪魔したら悪い」と思って、仕事に関係ない話題を振らないようにしてくれます

また仕事中のおしゃべり自体も控えてくれる可能性があるので、かなり効果的と言えるでしょう。

 

他人の悪口は冗談でも言わない

女性に限らず、人は共通の敵がいると結託して仲を深める傾向があります。

仲良くなるために上司や部下の悪口を利用する場合があるかもしれませんが、悪口を言うのも同意するのも絶対にNG。

女性と交わされた会話は伝言ゲームのように周囲に広がっていくため、悪口を言ったのも同意したのも必ず本人に伝わるものです。

悪口には加担せず、黙々と仕事に集中するのがベストでしょう。

 

おしゃべりがうるさくても闇雲に注意しない

「おしゃべりがうるさくて仕事に集中できない」という気持ちは分かりますが、「仕事中なので静かにしてください」とストレートに注意するのはやめましょう。

感情的な女性は、正論で注意されると反発心がわきがち。

他の女性たちに悪口や噂話をされて、女性社員の敵になってしまう可能性があります。

どうしても気になる場合は、耳栓をして仕事に集中するなど極力事を荒立てないようにしましょう。

 

男性としての役割に徹する

 

中立な立場を心がける

女性ばかりの職場では、1人の女性をひいきしないのは当然ながら、全員に対して平等に接することが大切です。

こちらの派閥が強そうだからこちらにつくなどは、もってのほか。

職場はあくまでも仕事をするための場所なので、仕事で結果を出すためにはどうしたら良いのかを論理的に考え、中立的な立場でいるようにしましょう。

 

恋愛対象として見ない

女性にモテたくて女性ばかりの職場を選んだ人もいるかもしれませんが、職場の女性は恋愛対象として見ないのがベストです。

恋愛対象として見てしまうと、ひいき目で見てしまったり、論理的な判断を下せなくなる可能性もあります。

どんなに魅力的な人がいたとしても、基本的には「仕事を共にする仲間」という認識でいた方が良いでしょう

 

力仕事などは率先して取り組む

女性ばかりの職場だと、力仕事は嫌がられる仕事。

男性が率先して力仕事をしてくれると、女性はとても喜びます。

「やっぱり男手は必要だ」と思われるきっかけにもなり、職場での立ち位置も今より良くなる可能性も十分にあります。

 

職場の男性が1人でないなら、男性同士で徒党を組む

女性ばかりの職場でも、部署をまたがれば少なからず男性はいるのではないでしょうか。

たとえ他部署であっても、同じ男性というだけで仲間意識が芽生えるもの。

少数派の男性は大概同じような悩みを抱えているため、良き相談相手になってくれるでしょう。

 

女性ばかりの職場を辞めたい時の対処法

仕事内容や会社に対して不満がないので、働き続けるための対処法をしたけれど、やはり女性ばかりの職場のトラブルが辛くて辞めたいと思う人も多いかと思います。

こちらでは、女性ばかりの職場で辞めたい場合の対処法をご紹介します。

辞めたいからと言って「転職」を考えがちですが、まずは今の環境でできることからして、どうにもならなければ転職を検討しましょう。

 

上司に相談する

女性ばかりの職場で辞めたいと思ったら、まずは上司に相談しましょう。

上司の仕事は部下の管理なので、遠慮する必要はありません。

上司は現場の実情を理解していない場合もあるので、言われて初めて気付くケースも多いです。

自分の悩みを相談することで、然るべき対策をしてくれたり仕事内容を変えてくれる可能性もあるので、まずは上司に相談してみましょう。

 

社内異動を検討する

今の部署ではどうにも解決できないということであれば、社内異動を検討してみてはいかがでしょうか。

半期や年に1回くらいの頻度で、社内人材公募をおこなっている企業も多いようです。

制度がなくても、人事部に相談することで異動できる部署があるかどうか調べてくれる可能性もあります。

会社の方針や待遇に不満がないのであれば、社内異動を検討するのも良いでしょう。

 

転職を検討する

社内異動も必ずうまくいくとは限りませんし、晴れて異動が叶っても引継ぎなどの業務があるため、すぐには異動できません。

一刻も早く女性ばかりの職場を辞めたいのなら、転職を視野に入れましょう。

我慢して働き続けるのは、体に毒。

転職の仕方が分からない等の不安があるかもしれませんが、転職サイトやエージェントがサポートしてくれるので、気軽に登録して相談してみてはいかがでしょうか。

 

女性ばかりの職場を辞めたい・転職したいのなら会社選びは慎重に!

女性ばかりの職場を辞めたい場合の対策に触れ、一刻も早く離れたいのであれば「転職」がおすすめとご紹介してきました。

女性ばかりの職場を辞めたい、転職したい場合には、同様の理由で転職を繰り返さないためにも、会社選びが重要になります。

こちらでは、女性ばかりの職場を辞めて転職する場合の会社選びのポイントをご紹介します。

 

男女比があまり偏っていない会社を選ぶ

女性ばかりの職場のトラブルを避けたいなら、女性が多い仕事を避けるだけでOKです。

女性が多い傾向の仕事には以下がありますが、会社によっては男女比が半々くらいの場合もあるようです。

  • 事務
  • 経理
  • 総務
  • 看護師
  • 介護系全般
  • 美容系全般

女性ばかりの職場に転職してしまう可能性を少しでも低くしたいなら、上記の仕事はなるべく避けたほうが良いでしょう。

 

年齢層がバラけている会社を選ぶ

年齢層が偏っていると、女性同士のトラブルに限らず、男性同士でも出世争いなどのトラブルに巻き込まれる可能性が十分にあります。

会社の年齢層などの情報は、転職サイトや転職エージェントの担当者が情報を持っている可能性があるので、確認してみると良いでしょう。

 

既婚者が多い会社を選ぶ

独身者が多い会社や職場はモテることを目的にするなら良いように思えるかもしれませんが、その分恋愛沙汰などのトラブルが起きやすくなる可能性が高くなります。

既婚者が多い会社であればそのようなトラブルが起こる可能性も低くなるので、転職サイトや転職エージェントの担当者に確認してみるのをおすすめします。

 

女性ばかりの職場にしがみつく必要はない

女性ばかりの職場を辞めたいと思う男性向けに、働き続けるための対処法や辞めるための対処法などをご紹介してきました。

女性ばかりの職場を辞めたいからといって、安易に転職すると再び同じ目に遭う可能性があります。

まずは自分でできる対処法を実践し、その上でどうしても我慢できないということであれば、転職先を良く調査した上で転職した方が良いでしょう。

 

>>職場環境TOPページへ

タイトルとURLをコピーしました