退職代行なら即日退職できる?今すぐ辞める注意点や条件・仕組みを徹底解説

退職代行とは

退職代行を利用して即日退職を目指すのは可能です。

ただし即日退職には条件があり、退職の意向を申し出たその日で必ず辞められるというものではありません。

当記事では即日退職できる条件や、即日退職ができなくても退職日まで会社に出社しなくて済む方法など詳しく解説します。

また即日退職にあたっての注意点や、おすすめの退職代行業者もお知らせしていきますので、是非最後までご覧ください。

 

退職代行で即日退職は可能?

退職代行を使って即日退職できる場合もあれば、即日退職ができなくても実質即日退職なら可能な場合もあります。

即日退職するには以下の4つのポイントがあります。

・退職代行なら相談してすぐ退職処理を始められる
・民法で退職の意向は2週間前までに伝えればOK
・会社の同意があれば即日退職も可能
・退職代行で実質即日退職なら可能

それぞれ解説していきます。

退職代行なら相談してすぐ退職処理を始められる

退職代行は24時間体制で相談を受け付けているところもあり、相談したその日の内に退職処理を始められます

退職代行は退職の流れなどを熟知しているので、自分だけで進めるよりもスムーズに退職の手続きを進められるでしょう

民法で退職の意向は2週間前までに伝えればOK

民法により退職は労働者に対し認められている権利であり、申し入れから2週間で退職できるとされています。

もし就業規則で退職の申し入れ期間の設定が2週間を超えていたとしても、就業規則よりも民法が優先されます

会社の同意があれば即日退職も可能

退職の申し入れを行い、会社側の同意があれば即日退職が可能です。

あくまで会社側の同意があった場合のみとなりますが、即日退職を希望する場合は退職代行業者にその意向を伝えておきましょう。

退職代行で実質即日退職なら可能

会社の同意がなくても退職日まで出勤せずに、実質即日退職するのは可能です。

無断欠勤を行うわけではないので、懲戒解雇などのリスクもありません

実質即日退職できる仕組みについて続いて解説していきます。

 

実質即日退職できる仕組みは?

実質即日退職する方法は、以下の2つがあります。

・有休を使用して退職日まで出社しない
・有休がない場合は退職までの14日間を欠勤する

それぞれの方法について詳しく解説していきます。

有休を使用して退職日まで出社しない

退職にあたり有給休暇の残日数があれば、退職日まで有休を使用できます

有休の残日数が2週間よりも多くある場合には、有休の残日数に合わせ退職日を設定するのも良いでしょう

会社は有休の使用を拒否できない

有給休暇の取得は、労働者に認められている権利です。

退職にあたり有給休暇取得の申し入れを行った場合、会社側は有休の使用を拒否できません

繁忙期で時季変更権を行使される可能性は?

会社側は繁忙期などで有給休暇の取得により業務に支障をきたす場合、有休休暇の取得時期を変更できます

○5 使用者は、前各項の規定による有給休暇を労働者の請求する時季に与えなければならない。ただし、請求された時季に有給休暇を与えることが事業の正常な運営を妨げる場合においては、他の時季にこれを与えることができる。
引用: 労働基準法

ただし上記の時季変更権は退職日以降への変更は認められませんので、退職にあたっての有給休暇の取得は必ず行えます。

有休がない場合は退職までの14日間を欠勤する

有給休暇の残日数がなくても、2週間「欠勤」にすれば実質即日退職を行えます。

退職代行から退職日まで欠勤する正当な理由を伝えてもらえば、無断欠勤扱いもされず懲戒解雇などのリスクもまずないでしょう。

 

退職を申し入れれば、実質的に即日退職が可能であることをわかってもらえたかと思います。しかし即日退職にもリスクがありますので、その点について続いてお知らせします。

 

退職代行で即日退職するリスクと注意点

退職代行で即日退職する場合のリスクや注意点は、次の通りです。

・即日退職は会社とトラブルになる可能性がある
・会社から協議や交渉を持ち掛けられる可能性がある
・社宅や寮に住んでいる場合は注意
・退職条件交渉を行う場合には弁護士への依頼が必要

それぞれ解説していきます。

即日退職は会社とトラブルになる可能性がある

会社側は退職を拒否できませんが、即日退職により業務に支障が出るなどすれば退職時の心証が悪くなる場合もあります

また即日退職にすんなりと合意してくれる場合もあれば、引き止めにあう場合もあると覚えておきましょう。

会社から協議や交渉を持ち掛けられる可能性がある

即日退職にあたり会社から退職条件の提示や、協議・交渉を持ち掛けられる場合があります

会社側からの要望はあくまでお願いなので、納得できない場合や退職の意思が変わらない場合はきっぱり断るようにすると良いでしょう。

社宅や寮に住んでいる場合は注意

社宅や会社の寮に住んでいる場合は、退職となると退去する必要があります

即日退職となると引っ越しの手配をするにも時間がありませんので、予め準備をしておくのがおすすめです。

退職条件交渉を行う場合には弁護士への依頼が必要

退職するにあたり退職条件の交渉未払い残業代・給与の請求を自分自身で行えない場合は、弁護士への依頼が必要です

民間の退職代行業者では本人に代わり交渉や請求は行えないので、会社側へ交渉事や請求事がある場合は予め弁護士に依頼すると良いでしょう。

>>弁護士による退職代行についてはコチラをご覧ください。

 

退職代行を利用して即日退職する流れ

退職代行を利用して即日退職するまでの流れと、注意するポイントは以下の通りです。

・即日退職と即日対応の違いをチェック
・退職代行の無料相談を利用する
・退職代行を契約後入金は速やかに
・有休の残日数の確認や打ち合わせ
・退職の意向を勤務先へ伝えてもらう
・ルールを守り退職を進める

それぞれ解説していきます。

即日退職と即日対応の違いをチェック

前述した通り即日退職は会社の同意が必要なため、多くの退職代行業者では即日退職が必ずできるとは記載されていません。

しかし即日退職可能とはなっていなくても、即日対応可能な業者は数多くあります。

即日退職やすぐにでも退職の手続きを始めたい場合には、即日対応が可能な退職代行業者を選んでおくと良いでしょう

退職代行の無料相談を利用する

退職代行業者を利用する場合は無料相談を利用し、信頼できる業者選びを行いましょう。

無料相談を行う際には、対応の迅速さや疑問点などにきちんと答えてくれる退職代行業者かを確認するのがおすすめです。

即日退職したいからと焦らずに、まずは無料相談を行った上で契約するようにしましょう

退職代行を契約時の入金は速やかに

依頼する退職代行業者が決まり申込みを行ったら、料金の支払いを行います。

多くの退職代行業者では料金は先払いとなっており、振り込み、またはクレジットカード決済などが可能です。

退職代行業者は入金の確認後から対応を開始するので、入金は速やかに済ませるようにしましょう

有休の残日数の確認や打ち合わせ

実質即日退職するための方法として有休を使用できるので、有給休暇の残日数を予め確認しておくと良いでしょう

有休の残日数がわかっていれば、退職代行との打ち合わせや退職日の決定がスムーズに進みます。

有休休暇の残日数がわからない場合は、労働基準法で定められているので参考にしてみてください。

>>「有給休暇の付与日数 – 厚生労働省」

退職の意向を勤務先へ伝えてもらう

退職代行業者との打ち合わせができたら、退職代行業者から勤務先へ退職の意向を伝えてもらいます

一日でも早く退職したい場合、退職代行業者から勤務先へ連絡してもらう日も最短でお願いすると良いでしょう。

早ければ申し込みを行った当日に勤務先へ連絡をしてくれる退職代行業者もあります。

ルールを守り退職を進める

退職をスムーズに進めるためには、退職時のルールを守り正しい手続きを進めるのが一番です。以下の3つの点を守るようにしましょう。

・退職届や引き継ぎ書を送付
・備品や貸与品の返却
・社宅や寮は退職日までに退去

それぞれ解説していきます。

退職届や引き継ぎ書を送付する

退職代行を利用しても退職届引き継ぎ書は、自ら作成し郵送する必要があります

退職代行業者によって退職届などの書き方を丁寧に教えてくれたり、見本を渡してくれたりします。

書類の作成に不安がある方は退職代行業者を選ぶ際に、書類作成のサポートも行ってくれるかどうかを確認しておくと良いでしょう。

>>退職代行を利用した場合の引き継ぎについて詳しくはコチラをご覧ください。

備品や貸与品の返却は郵送でOK

会社の備品会社からの貸与品がある場合には、きちんと返却を行いましょう

返却のし忘れがないように注意し、返却物は予めまとめておくのがおすすめです。

返却方法は会社へ持参しても良いですが、会社へ行きたくない場合は郵送でもかまいません。

社宅や寮は退職日までに退去する

退職にあたり、社宅や寮は退去する必要があると前述でもお伝えしました。

退去日については退職日までとなります。退去が退職日を過ぎないよう計画を立てるようにしましょう

即日退職を目指すには退職代行業者とのやり取りをスムーズに進め、会社側ともトラブルが起きないようルールに従った手続きを進めるようにしてください。

 

実際に退職代行を利用して即日退職した人の口コミ

退職代行を利用して即日退職できたという方のTwitter投稿をご紹介します。

即日退職は叶わなくても、実質即日退職はできたという方も多くいますので、参考にしてみてください。

実際に退職代行を利用し、退職の意向を伝えてもらった当日に退職できたという方もいます。

また退職日までの期間があっても有休をきちんと消化でき、長い方だと1ヶ月近く有休を使用して会社に一度も顔を出さずに辞めた方もいるようです

 

退職代行で即日退職におすすめの業者はどこ?

退職代行業者は数多くあるため、即日退職を目指す際にどのような業者を選ぶのが良いかをお伝えしていきます。

また、おすすめの退職代行業者もピックアップしてお知らせしていきますので、まずは実際に無料相談をしてみたい業者を選んでみてください。

退職代行の選び方をチェック

即日退職を目指すためには、退職代行業者選びも大切です。退職代行業者の選び方のポイントは4つあります。

・退職代行の違法業者に注意が必要
・料金相場よりも著しく安い退職代行は避ける
・即日対応や有休サポートの追加料金を確認
・24時間対応を行ってくれる退職代行がおすすめ

それぞれ解説していきます。

退職代行の違法業者に注意が必要

退職代行業者の中には、違法行為を行う悪質な業者も存在します

ホームページなどに非弁行為についての明記があるかどうか、交渉や協議を行わない旨がきちんと書かれている業者を選ぶようにしましょう。

また実際に、その退職代行業者を利用した人からの口コミや評判のチェックも行うようにするのがおすすめです。

>>退職代行の違法行為について詳しくはコチラをご覧ください。

料金相場よりも著しく安い退職代行は避ける

退職代行の料金相場は、3~5万円程です。

安く済ませたいとばかりに料金相場より著しく安い業者を選ぶと、対応が悪かったり、退職に失敗したりするリスクが高まります。

安い退職代行業者が良い場合には、3万円前後を目安に探してみると良いでしょう

即日対応や有休サポートの追加料金を確認

即日退職を目指すなら、即日対応してくれる業者を選ぶようにしましょう

また実質即日退職するためにも、有休取得のサポートのある退職代行業者がおすすめです。

余分な費用がかからないよう、即日対応や有休サポートに追加料金がかからないかも確認しておくと良いでしょう。

24時間対応を行ってくれる退職代行がおすすめ

退職代行業者によって、受付や対応時間が異なります。

即日退職したい場合には迅速な対応が必要となるので、24時間対応を行ってくれる退職代行業者を選びましょう

また無料相談を利用し、レスポンスの速さなども実際に確認してみるのがおすすめです。

退職代行でおすすめの業者をピックアップ

即日退職におすすめの退職代行業者をご紹介します。

24時間対応や有休サポートがある退職代行業者を中心にお知らせしていきますので、気になる退職代行業者があれば無料相談を利用してみてください。

ホワイトポジション

(引用元:https://whiteposition.work/

ホワイトポジションは24時間365日無料で相談を受け付けており、最短で申込み当日に勤務先へ連絡してくれます

また取得率100%の有休消化サポートも基本料金内でついているので、実質即日退職の相談もしやすい退職代行業者となっています。

イチ早く対応して欲しい、有休を消化してから退職したいといった場合は、ホワイトポジションがおすすめです。

ホワイトポジション公式サイトはコチラ

SARABA

(引用元:https://taisyokudaikou.com/

SARABAは労働組合が運営する退職代行で、会社側と退職条件の交渉なども可能となっています

基本料金内で24時間相談の受付を行っている他、有休消化のサポートもついています。

また相談回数は無制限なので、些細なことなども細かく相談したいという方にはSARABAがおすすめです。

SARABA公式サイトはコチラ

EXIT

(引用元:https://www.taishokudaikou.com/

EXITは代表者らがメディアへ多く露出しており、知名度の高い退職代行業者です

相談した当日から対応可能で、休日や深夜でも可能な限り対応してくれます。

面談不要でLINEでの相談も受け付けているので、EXITは気軽に相談したい方におすすめです。

EXIT公式サイトはコチラ

わたしNEXT

(引用元:https://taishoku.to-next.jp/w/

わたしNEXTは、女性向けの退職代行を専門的に行っています

男性の利用も可能ですが、女性に特化した充実のサポート内容が魅力です。

サブスク料金プランの退職代行サービスも行っているので、すぐにまとまったお金が用意できないといった方にもおすすめです。

わたしNEXT公式サイトはコチラ

男の退職代行

(引用元:https://taishoku.to-next.jp/otoko/

男の退職代行は労働組合が運営しており、追加料金の心配もないのが特徴です

対応のスピードは早ければ数分以内、遅くても数時間以内とスピーディーさが魅力となっています。

男性向けの退職代行を専門に行う退職代行業者となっているので、即日退職を目指す男性におすすめです。

男の退職代行公式サイトはコチラ

 

>>上記他、おすすめの退職代行業者はコチラをご覧ください。

 

退職代行の即日退職についてまとめ

退職代行を利用した即日退職についてご紹介してきましたが、疑問点などを解決できたでしょうか。

退職代行を利用すれば即日退職できる可能性もありますし、実質即日退職は可能です。

また誰でも退職は可能ですが、スムーズに退職の手続きを進めたいなら、退職代行サービスを利用するのが良いでしょう。

即日退職におすすめの退職代行業者の中から、まずは無料相談を利用してみましょう。

 

>>退職とはTOPページへ

タイトルとURLをコピーしました