外資系の転職に強いおすすめ転職エージェント【厳選比較】年収アップする選び方

おすすめ

当記事では、外資系の転職に強いおすすめ転職エージェントを業界や職種別でご紹介します。

外資系への転職を成功させるためには、外資系企業の転職ノウハウを持った転職エージェントに登録するのが大切です。

「外資系への転職が成功しやすい転職エージェントが知りたい」という人は、ぜひ当記事をご活用ください。

外資系企業の求人が多いおすすめ転職エージェント

最初に、外資系企業の求人が多いおすすめ転職エージェントを大手総合型外資系特化型に分けてご紹介します。

大手総合型の転職エージェントは幅広い業界や職種、地域をカバーしているため、転職の選択肢が広がりやすいのが特徴です。

外資系特化型の転職エージェントは、外資系転職の知識が深いキャリアアドバイザーが在籍しており、専門性の高いサービスを受けられます。

それぞれのおすすめ転職エージェントをチェックして、自分に合いそうなエージェントを探し出しましょう。

外資系の転職におすすめの大手総合型転職エージェント

はじめに、外資系の転職におすすめの大手総合型転職エージェントをご紹介します。

外資系の転職におすすめの大手総合型転職エージェント
1.リクルートエージェント求人数は業界トップ。都市部以外の外資系転職にも。
2.JACリクルートメントハイクラスの転職サポートに強い。
3.ランスタッド外資系のハイクラス求人の割合が高い。
4.CAREERCARVER(キャリアカーバー)エグゼクティブ転職向きのヘッドハンティング型。
5.パソナキャリア口コミで転職サポートの丁寧さが評判。
6.Spring転職エージェント東京や大阪、名古屋など都市部の外資系転職におすすめ。

ひとつずつ特徴を見ていきましょう。

1.リクルートエージェント

画像引用:リクルートエージェント

リクルートエージェントは、求人数が業界トップの大手転職エージェントです。

豊富な求人の中から、あなたに合いそうな外資系求人をピックアップしてくれるため、転職先の選択肢が広がります。

都市部以外の求人もカバーしているので、「なかなか住んでいるエリアの外資系求人が見つからない」という人にもおすすめです。

>>リクルートエージェントへの登録はこちら(無料)

2.JACリクルートメント

画像引用:JACリクルートメント

JACリクルートメントは、ハイクラスの転職サポートに特化した転職エージェントです。

あなたの希望を丁寧にヒアリングして、活躍できそうなハイクラスの外資系求人を厳選紹介してくれます。

「ハイクラス転職のプロと一緒に外資系転職を目指したい」という人は、ぜひJACリクルートメントに登録してみましょう。

>>JACリクルートメントへの登録はこちら(無料)

3.ランスタッド

画像引用:ランスタッド

ランスタッドは、外資系のハイクラス求人が多い転職エージェントです。

他の大手総合型転職エージェントと比べて外資系求人の割合が高く、高年収の求人も見つかりやすい傾向にあります。

外資系転職を目指す人にとって、登録しておいて損はない転職エージェントです。

>>ランスタッドへの登録はこちら(無料)

4.CAREERCARVER(キャリアカーバー)

画像引用:CAREERCARVER(キャリアカーバー)

CAREERCARVERは、エグゼクティブ転職に特化したヘッドハンディング型の転職エージェントです。

あなたの登録した経歴やスキルをもとに、企業やエージェントからスカウトが届きます。

エグゼクティブ層であれば好待遇の外資系企業からオファーが届く可能性も高いので、経歴に自信がある人はCAREERCARVERに登録しておくのがおすすめです。

>>CAREERCARVER(キャリアカーバー)への登録はこちら(無料)

5.パソナキャリア

画像引用:パソナキャリア

パソナキャリアは、転職サポートの丁寧さで評判の転職エージェントです。

親身なキャリアカウンセリングで、あなたのキャリアを第一に考えた外資系求人を紹介してくれます。

「丁寧なサポートで安心して転職活動ができた」という口コミも多く見られるため、転職回数が少ない人や、はじめての外資系転職に不安を抱いている人にもおすすめです。

>>パソナキャリアへの登録はこちら(無料)

6.Spring転職エージェント

画像引用:Spring転職エージェント

Spring転職エージェントは、都市部の外資系求人が豊富な転職エージェントです。

外資系企業はもちろんのこと、日系グローバル企業への転職にも強い特徴があります。

地方の転職にはおすすめできませんが、東京や大阪、名古屋などで外資系企業への転職を検討している人は、ぜひ登録しておきたい転職エージェントです。

>>Spring転職エージェントへの登録はこちら(無料)

外資系特化型のおすすめ転職エージェント

続いては、外資系特化型のおすすめ転職エージェントをご紹介します。

外資系特化型のおすすめ転職エージェント
1.エンワールド質の高い外資系転職サポートが受けられる。
2.ロバート・ウォルターズ紹介求人のマッチ度が高く、書類選考の通過率が高い。
3.マイケルペイジジャパン18年以上の外資系転職サポート実績を持つ。
4.RGFエグゼクティブ サーチ ジャパンリクルート運営で求人の質が高い。東京と大阪中心。
5.ヘイズ・ジャパン15の分野に精通したコンサルタントが外資系転職をサポート。
6.SAMURAI JOB外資系転職をサポートするコンサルタントの在籍数が多い。
7.アージスジャパンオーダーメイドでキャリアプランを作成してくれる。

ひとつずつ特徴を見ていきましょう。

1.エンワールド

画像引用:エンワールド

エンワールドは、外資系転職に特化した転職エージェントです。

「コンサルタントが親身で、提案力も優れている」という口コミも多く見受けられ、質の高い外資系転職のサポートが受けられます。

「キャリアに自信はあるけど、転職回数は少ない」という人に、特におすすめの転職エージェントだと言えるでしょう。

>>エンワールドへの登録はこちら(無料)

2.ロバート・ウォルターズ

画像引用:ロバート・ウォルターズ

ロバート・ウォルターズは、コンサルタント全員がバイリンガルの転職エージェントです。

外資系転職の専門性が高く、紹介求人のマッチング度と手厚いサポートにより、書類選考の通過率が高い特徴があります。

外資系企業への転職を目指す人なら、ぜひ力を借りたい転職エージェントです。

>>ロバート・ウォルターズへの登録はこちら(無料)

3.マイケルペイジジャパン

画像引用:マイケルペイジジャパン

マイケルペイジジャパンは、18年以上外資系の転職をサポートしている転職エージェントです。

外資系企業への転職を長年支えてきたノウハウをもとに、あなたに合った外資系求人を紹介してくれます。

幅広い業界や職種の外資系求人が見つかるのも特徴です。

>>マイケルペイジジャパンへの登録はこちら(無料)

4.RGFエグゼクティブ サーチ ジャパン

画像引用:RGFエグゼクティブ サーチ ジャパン

RGFエグゼクティブ サーチ ジャパンは、エグゼクティブ向けの外資系転職に特化した転職エージェントです。

リクルートが運営しているため求人の質が高く、高年収の外資系求人に出会いやすい傾向にあります。

東京と大阪の求人が中心ですが、対象エリア内での外資系転職を検討している人は、RGFエグゼクティブ サーチ ジャパンに登録しておくといいでしょう。

>>RGFエグゼクティブ サーチ ジャパンへの登録はこちら(無料)

5.ヘイズ・ジャパン

画像引用:ヘイズ・ジャパン

ヘイズ・ジャパンは、業界ごとに専門性の高いコンサルトが在籍している外資系特化の転職エージェントです。

「金融」「デジタル」「マーケティング」など、15の分野に精通したコンサルタントが、外資系企業への転職をサポートしてくれます。

あなたが転職を検討している業界に強みを持っているか、ぜひヘイズ・ジャパンに相談してみてください。

>>ヘイズ・ジャパンへの登録はこちら(無料)

6.SAMURAI JOB

画像引用:SAMURAI JOB

SAMURAI JOBは、コンサルタントの在籍数が多い外資系転職専門の転職エージェントです。

転職エージェントは、コンサルタントとの相性で転職の成否が決まる側面を持ちますが、SAMURAI JOBを利用すれば相性の良いコンサルタントを見つけやすいでしょう。

「自分に合うコンサルタントがなかなか見つからない」という人は、SAMURAI JOBで外資系転職を目指すのがおすすめです。

>>SAMURAI JOBへの登録はこちら(無料)

7.アージスジャパン

画像引用:アージスジャパン

アージスジャパンは、オーダーメイドの外資系転職サポートが受けられる転職エージェントです。

業界ごとに専任のコンサルタントが在籍し、あなただけのキャリアプランを作成してくれます。

外資系転職のプロの視点からキャリアの提案が受けられるため、「5年後や10年後を見据えた転職活動がしたい」という人は、アージスジャパンに相談してみるといいでしょう。

>>アージスジャパンへの登録はこちら(無料)

 

【業界・職種別】外資系企業への転職におすすめの転職エージェント

続いては、業界・職種別で外資系転職におすすめの転職エージェントをご紹介します。

業界・職種別で選ぶ外資系転職におすすめの転職エージェント
コンサルタント業界の外資系企業転職なら1.アクシスコンサルティング
2.コンコードエグゼクティブグループ
3.ムービンストラテジックキャリア Consultant転職
4.アンテロープ
IT業界の外資系企業転職なら1.レバテックキャリア
2.アクシスコンサルティング
3.アデプト
金融業界の外資系企業転職なら1.コトラ
2.ムービンストラテジックキャリア ファンド・M&A 金融転職
製薬業界の外資系企業転職なら1.メディサーチ
2.ヘイズ・ジャパン
3.アンサーズ
4.オンウェーブ
消費財・製造業界の外資系企業転職なら1.アズール&カンパニー
2.ISSコンサルティング

あなたが外資系転職を検討している業界や職種があれば、ぜひ登録しておきましょう。

 

外資系転職に強い転職サイト

外資系企業の求人が多い転職サイトを、転職エージェントの補助的な役割で利用するのもおすすめです。

転職サイトごとに非公開求人や独占求人を取り揃えているケースが多いため、外資系転職の選択肢を増やすツールとして転職サイトを利用するといいでしょう。

以下は、外資系企業の求人が多い転職サイトです。

外資系企業の求人が多い転職サイト
1.リクナビNEXT求人掲載数が業界トップで、外資系企業の求人も多い。
2.iX転職ハイクラス専門のヘッドハンティング型転職サイト。
3.外資転職.com外資系求人に特化した転職サイト。所有資格から求人検索もできる。

気になる転職サイトが見つかったら、転職エージェントと併せて登録しておきましょう。

 

外資系への転職は転職エージェントを使うのがおすすめな理由

外資系企業への転職で、転職エージェントの利用をおすすめする理由は、以下の通りです。

  • 外資系企業の非公開求人を紹介してもらえる
  • 外資系特有の社内風土や制度の情報を教えてもらえる
  • 外資系企業の採用はエージェント経由のダイレクトリクルーティングが多い

外資系企業は日系企業と異なる社内風土や制度が存在するケースが多いため、応募前にエージェントに確認することで、入社後のミスマッチを減らせます。

また外資系企業の採用活動は、「キャリアカーバー」などのエージェント経由で直接転職者にスカウトを送る、ダイレクトリクルーティングが多いのが特徴です。

スカウト求人は高年収や好待遇が多いため、ハイキャリアの転職者は、スカウト型の転職エージェントに登録すれば、満足度の高い転職が実現するでしょう。

選考の際にも、以下のようなメリットが得られます。

  • 英語での履歴書・職務経歴書作成のサポートが受けられる
  • 外資系への転職に特化した英語インタビュー・面接対策が可能
  • 年収・待遇などの交渉をしてくれる

外資系企業への転職活動は、英語の使用を求められる場面が多く存在します。

英語を自在に使いこなせる人なら問題ありませんが、「日常会話はできるけど、英文には不慣れ」などの場合、サポートしてくれる転職エージェントは心強い味方となるでしょう。

内定後に、年収や待遇の交渉を企業と行ってくれる点も、転職エージェントを利用する嬉しいメリットのひとつです。

 

外資系企業への転職を成功させるエージェントの選び方

外資系転職に転職エージェントがおすすめな理由を確認したところで、続いては外資系企業への転職を成功させるエージェント選びのコツについてご紹介します。

  1. 外資系企業の求人数が多い大手総合型転職エージェントに登録する
  2. 外資系企業の転職に強い転職エージェントに登録する
  3. 合計3社ほど利用しながら比較してみる

上記の3ステップに沿って、それぞれ見ていきましょう。

1.外資系企業の求人数が多い大手総合型転職エージェントに登録する

まずは「外資系の転職におすすめの大手総合型転職エージェント」でご紹介した、大手総合型転職エージェントに登録しましょう。

大手転職エージェントも外資系の求人は取り揃えており、外資系専門の部署が存在するケースもあります。

大手ならではのノウハウで、転職活動をスムーズに進められるサポートを多く提供してくれるため、転職活動のガイドライン的な役割として利用するのもおすすめです。

2.外資系企業の転職に強い転職エージェントに登録する

大手総合型転職エージェントに登録したら、続いては「外資系特化型のおすすめ転職エージェント」でご紹介した特化型の転職エージェントに登録しましょう。

外資系特化型の転職エージェントは、外資系転職の知識が深く、より専門的な転職サポートを受けられる可能性があります。

独自のパイプにより、大手転職エージェントにはない外資系求人を保有している場合もあるため、相性の良さそうなエージェントがあれば、継続的に利用してみてください。

3.合計3社ほど利用しながら比較してみる

大手総合型エージェントと外資系特化型エージェントを、合計3社ほど利用しながら比べてみましょう。

転職エージェントにはそれぞれ異なる特徴があり、担当するキャリアアドバイザーとの間にも相性があります。

どの転職エージェントが自分に合うか比較することで、転職の成功率がアップするでしょう。

 

図解!転職エージェントを利用した転職活動の流れ

続いては、転職エージェントを利用した場合の転職活動の流れについて、以下の図で確認していきましょう。

以下の記事では、各ステップごとの詳細を解説しているので、「転職エージェントに登録する前に流れをイメージしておきたい」という人は、ぜひご一読ください。

>>転職エージェントの流れについて
※こちらの記事は現在執筆中です。公開までお待ちください。

 

外資系企業への転職を成功させるための3つのコツ

転職エージェント利用の流れを確認したところで、続いては外資系企業への転職を成功させるために知っておきたい3つのコツについて解説していきます。

  1. 外資系企業への転職に必要な語学力を身に付ける
  2. 転職後の自己ブランディングを考える
  3. 日本企業との違いや外資系企業の特徴を知っておく

ひとつずつチェックしていきましょう。

1.外資系企業への転職に必要な語学力を身に付ける

語学力に自信がない人は、外資系転職に必要な語学力を身に付けることからはじめましょう。

外資系企業の選考では、TOEIC700点を応募ラインにしているケースが多いようです。

入社後に実務を通して語学力を磨くこともできますが、最低限の英語レベルは必要とされるため、転職活動をはじめる前に勉強しておくといいでしょう。

2.転職後の自己ブランディングを考える

外資系企業からの内定をゴールと捉えずに、「転職後どのように活躍したいか」を考えましょう。

転職活動で大切なのは、内定を得ることではなく、自分が活躍できる企業を見つけ出すことです。

あらかじめ転職後の自己ブランディングを考えることで、応募書類の作成や面接時の回答にも応用できるため、早い段階で確立させることをおすすめします。

3.日本企業との違いや外資系企業の特徴を知っておく

日本企業と異なる点や、外資系企業ならではの特徴を知っておくことで、「イメージと違う」などのミスマッチを減らせるでしょう。

外資系企業は、主に以下のような特徴を持つ傾向があります。

  • 評価基準は成果がもっとも重要で、実力がある人には有利
  • 比較的残業が少ない
  • 長く働けば出世できるわけではない
  • 仕事の範囲が明確に決まっている
  • 個人主義の体制が基本となっている
  • 企業全体の意思決定が早い
  • 「転職者が多いことが当たり前」と考えられている
  • 公用語が英語の場合がある

上記の項目はあくまでも特徴なので、応募時には「転職会議」などの口コミサイトで情報収集することをおすすめしますが、外資系企業は日本企業と異なる文化を持つケースも多く存在します。

「自分に外資系企業は合うのだろうか」と不安を抱いている人は、転職エージェントなどを活用して、客観的なアドバイスをもらうのもひとつの手です。

 

外資系だからといって安心できない?知っておきたい外資系企業の注意点

外資系企業に対して「高収入」「活躍のチャンスが多い」というイメージを持つ人も多いかと思いますが、外資系には以下のような特徴もあるようです。

  • 決定権が海外の本社にある
  • 社長が頻繁に変わる
  • 2〜3年働いて飽きる人もいる
  • 会社によって文化や雰囲気の違いが大きい
  • 退職金・福利厚生などの制度が乏しい場合が多い

活躍の機会や収入が多い分、変化が激しく、待遇や制度が整っていない場合もあります。

外資系求人に応募する際は、条件や社内の雰囲気をあらかじめ確認したうえで、選考へ進むと安心です。

 

外資系企業への転職でよくある質問・疑問

最後に、外資系企業への転職に関するよくある質問・疑問についてお答えします。

気になる疑問や悩みを解決させて、気持ちよく転職活動をはじめましょう。

Q1.外資系転職で失敗する人の特徴は?

A.じっくりと仕事に取り組みたい人や、英語に苦手意識がある人は注意が必要です。

外資系企業は変化が激しく、プロセスよりも成果を重視する傾向にあります。

ひとつの仕事に対してじっくり取り組みたい人などは、「外資系に向いていない」と感じるケースが多いようです。

Q2.求められる英語レベルは?

A.TOEIC700~800点程度です。

上記はあくまでも目安ですが、TOEICの点数により合否ラインを設定している外資系企業も存在します。

入社後に英語を使用する機会も増えるため、ある程度の英語力は身に付けておいたほうがいいでしょう。

Q3.外資系企業では日系企業よりも給料が高いのは本当?

A.外資系企業のほうが、日系企業よりも給料は高い傾向にあります。

外資系企業は、能力や成果に応じて給料が上がる成果主義です。

成果を上げなければ居場所を失うリスクは伴いますが、日系企業よりも高い報酬を得やすいでしょう。

Q4.外資系未経験での転職は可能?

A.武器となるスキルが応募先の外資系企業とマッチすれば、外資系未経験での転職も可能です。

外資系企業の転職は、基本的に即戦力を求めるため、未経験の転職は狭き門と言えます。

しかし英語力があり、持っているスキルが応募先企業の求める能力にマッチしている場合、採用になる可能性も高いので、自分の能力に自信がある人は挑戦してみるといいでしょう。

Q5.外資系企業では上下関係がないって本当?

A.上下関係は、日系企業以上に厳しい場合が多いです。

外資系企業はトップダウン経営が多く、上下関係を重視します。

役職者が高い立場にいるため、上司と部下の関係も厳格になりやすく、フラットに意見交換ができる環境は望めないでしょう。

Q6.外資系企業では若くても管理職になれる?

A.外資系企業では、実力次第で若手でも管理職になれます。

外資系では、年齢や在籍年数ではなく、成果や実力によって評価されます。

20代の若手でも管理職になるケースも多く存在するため、スキルや能力に自信がある人は、自分の力を試してみるといいでしょう。

Q7.年齢別の外資系転職事情は?40代や50代でも外資系企業に転職できる?

A.実力があれば、40代や50代でも外資系企業に転職できます。

一般的に転職市場で需要が高いのは20~40代前後ですが、外資系企業の転職においては、あまり年齢は重視しません。

外資系転職の成功を左右する主な要素は実力なので、年齢によるハンデは、日系企業への転職ほど気にする必要はないでしょう。

Q8.女性の外資系転職に年齢は関係ある?

A.外資系転職では、あまり年齢を重視しません。

女性の外資系転職であっても、日系企業ほど年齢が不利になるケースは少ない傾向にあります。

短期間で成果を出すことが求められますが、実力やスキルがあれば、活躍の場は広がるでしょう。

Q9.外資系企業に転職すると成長しやすいの?

A.入社後パフォーマンスを発揮できる人は、成長のスピードが速いでしょう。

外資系企業では「全ての人材が即戦力」と捉えられるため、多くの仕事を任されます。

自分のパフォーマンスを最大限に発揮し、任された仕事を順調にこなせる人にとって、外資系企業は大きな成長が望める環境です。

 

外資系企業への転職は外資系に強い転職エージェントがおすすめ

当記事では外資系企業への転職に強いおすすめ転職エージェントを中心に、外資系転職を成功させるコツなどを紹介してきました。

外資系企業への転職を成功に導くためには、外資系転職のノウハウを豊富に持つ転職エージェントを見つけるのが大切です。

あなたにぴったりの転職エージェントを探し出して、外資系企業への転職を成功させてください。

タイトルとURLをコピーしました