エンジニア・IT業界に強いおすすめ転職サイト・エージェント【キャリア別比較】

おすすめ

当記事では、エンジニアにおすすめの転職サイトを「ハイクラス」「未経験」「女性」などのタイプ別でご紹介します。

エンジニアの転職を成功させるためには、自分に合った転職活動スタイルを見極め、登録するべき転職サイトを決めるのがおすすめです。

「エンジニアの転職に強い転職サイトが知りたい」という人は、ぜひ当記事をご活用ください。

あなたはどっち?自分に合ったエンジニア向け転職サイトの選び方

エンジニア転職を成功に導くためには、自分に合った転職活動スタイルを知り、登録する転職サイトを決めるのが重要です。

転職サイトには、以下のような「直接応募型」と「エージェント型」の2種類が存在します。

自分のペースで転職活動がしたい人は「直接応募型」プロにサポートしてもらいながら転職活動を進めたい人は「エージェント型」の転職サイトを利用するのがおすすめです。

以下からは、直接応募型とエージェント型に分けて、エンジニアの転職に強いおすすめの転職サイトを紹介していきます。

あなたに近いタイプを選んで、エンジニアにおすすめの転職サイトを確認していきましょう。

 

【直接応募型】エンジニアにおすすめの転職サイト

エンジニアにおすすめの直接応募型の転職サイトは、以下の通りです。

エンジニアにおすすめの直接応募型の転職サイト
まず登録しておきたい大手総合型転職サイト1.リクナビNEXT
2.doda
効率的に転職活動したいエンジニアにおすすめの転職サイト1.転職ドラフト
2.paiza(パイザ)
3.PayCareer(ペイキャリア)
IT業界・エンジニア向け特化型転職サイト1.Green(グリーン)
2.GeekOut
3.IT転職ナビ
4.Find Job!
ハイクラス・年収アップを狙うエンジニア転職なら1.CAREERCARVER(キャリアカーバー)
2.Findy
3.BINAR
未経験・フリーターからエンジニア転職を目指すなら1.Webist(ウェビスト)
2.TechAcademy
ベンチャー企業志望のエンジニアなら1.forkwell jobs
2.Wantedly
副業・パラレルワーカー・フリーランスのエンジニアなら1.シューマツワーカー
2.YOUTRUST(ユートラスト)
3.CODEAL
4.PARAFT
5.Reworker

あなたに近いタイプを選んで、直接応募型のおすすめ転職サイトを見つけ出しましょう。

まず登録しておきたい大手総合型の直接応募型転職サイト

はじめに、まず登録しておきたい大手総合型の直接応募型転職サイトをご紹介します。

まず登録しておきたい大手総合型の直接応募型転職サイト
1.リクナビNEXT業界トップの求人数。エンジニア転職の選択肢が広がる。
2.doda求人の質が高く、大手企業や優良企業求人が見つかりやすい。

それぞれの特徴を見ていきましょう。

1.リクナビNEXT

画像引用:リクナビNEXT

リクナビNEXTは、求人数が業界No.1の転職サイトです。

掲載している求人が多いため、都市部の求人だけではなく、地方のエンジニア求人も見つけやすいのが特徴です。

「たくさんのエンジニア求人を比較したい」「地方での転職を考えている」という人は、ぜひリクナビNEXTに登録しておきましょう。

>>リクナビNEXTへの登録はこちら(無料)

2.doda

画像引用:doda

dodaは、大手企業や優良企業のエンジニア求人が豊富な転職サイトです。

条件の良いエンジニア求人を見つけやすいので、「安定した企業で働きたい」と考えている人に特におすすめできます。

大手企業、優良企業への転職を希望しているエンジニアは、dodaをメインに転職活動を進めてみてください。

>>dodaへの登録はこちら(無料)

効率的に転職活動したいエンジニアにおすすめの直接応募型転職サイト

効率的に転職活動したいエンジニアにおすすめの直接応募型転職サイトは、以下の通りです。

効率的に転職活動したいエンジニアにおすすめの直接応募型転職サイト
1.転職ドラフトエンジニアのドラフトの場。入札で企業があなたを指名する。
2.paiza(パイザ)コーディングテストで自分のレベルに合った求人が見つかる。
3.PayCareer(ペイキャリア)スカウト企業の面談に応じると報酬がもらえる。

ひとつずつ特徴を見ていきましょう。

1.転職ドラフト

画像引用:転職ドラフト

転職ドラフトは、競争入札により企業があなたを指名する転職サイトです。

過去に携わったプロジェクト内容などを登録してドラフトにエントリーし、ドラフト開催中は企業があなたに入札を行います。

自分から転職先を探すことなく入札企業と面談ができるので、効率的に転職活動をしたいエンジニアにおすすめの転職サイトだと言えるでしょう。

>>転職ドラフトへの登録はこちら(無料)

2.paiza(パイザ)

画像引用:paiza(パイザ)

paizaは、自分のコーディングレベルに合った求人が見つかる転職サイトです。

登録後に実施できるコーディングテストの結果によって、応募できる求人のレベルが決定します。

経験者はもちろんのこと、未経験者でもスキルがあれば好条件の求人に応募できるので、「自分の実力に見合った転職先を効率よく探したい」というエンジニアにおすすめです。

>>paiza(パイザ)への登録はこちら(無料)

3.PayCareer(ペイキャリア)

画像引用:PayCareer(ペイキャリア)

PayCareerは、企業と面談するだけで報酬が貰えるスカウト型の転職サイトです。

あなたの登録情報を見た企業からスカウトが届き、面談に応じると報酬がもらえます。

エンジニアは転職市場で需要が高く、質の高いスカウトが届きやすい傾向にあるため、効率的に転職活動がしたいエンジニアは、PayCareerに登録しておくといいでしょう。

>>PayCareer(ペイキャリア)への登録はこちら(無料)

IT業界・エンジニア向け特化型の直接応募型転職サイト

IT業界・エンジニア向け特化型の直接応募型転職サイトのおすすめは、以下の通りです。

IT業界・エンジニア向け特化型の直接応募型転職サイト
1.Green(グリーン)カジュアル面談で面接前に企業と話せる。スカウト機能も活発。
2.GeekOutあなたにマッチしたエンジニア求人がフィードに流れる。
3.IT転職ナビ求人カテゴリが豊富。マイナーな業界でも転職活動しやすい。
4.Find Job!企業の選考に対する評価・面接の内容を事前に確認できる。

ひとつずつ見ていきましょう。

1.Green

画像引用:Green

Greenは、IT・Web業界の求人掲載が業界トップクラスの転職サイトです。

自分から求人を探して応募するのはもちろん、企業からのスカウトも多く、「スカウトを通じて内定が決まった」という口コミも多く見られます。

面接前の段階で気軽に企業と話せる「カジュアル面談」も利用できるので、転職を迷っているエンジニアにもおすすめしたい転職サイトです。

>>Greenへの登録はこちら(無料)

2.GeekOut

画像引用:GeekOut

GeekOutは、あなたの希望にマッチした求人をフィードに流してくれる転職サイトです。

登録情報を充実させることで、自分で求人を検索することなく希望に合うエンジニア求人が届くので、転職活動における手間を削減できます。

求人のマッチング率も表示されるため、直感的にエンジニア求人を探せるのも魅力のひとつです。

>>GeekOutへの登録はこちら(無料)

3.IT転職ナビ

画像引用:IT転職ナビ

IT転職ナビは、IT・インターネット・ゲーム業界の求人に特化した転職サイトです。

求人カテゴリが豊富で、「ソフト開発/システムエンジニア系」「ものづくり系エンジニア」「研究、製品開発/品質・評価系」など、細かい条件指定で求人を探せます。

「マイナーな業界出身なので、転職活動に苦労している」という人は、ぜひIT転職ナビで求人を検索してみるといいでしょう。

>>IT転職ナビへの登録はこちら(無料)

4.Find Job!

画像引用:Find Job!

Find Job!は、企業と転職者の両方が安心して利用できる転職サイトです。

企業の選考に対する評価や、面接の内容を応募前に確認できるため、過度に緊張することなく求人に応募できます。

若手向けのエンジニア求人が豊富なので、20~30代で安心感のある転職活動をしたい人は、Find Job!への登録がおすすめです。

>>Find Job!への登録はこちら(無料)

ハイクラス・年収アップを狙うエンジニアにおすすめの直接応募型転職サイト

ハイクラス・年収アップを狙うエンジニア転職なら、以下の直接応募型転職サイトがおすすめです。

ハイクラス・年収アップを狙うエンジニア転職におすすめの直接応募型転職サイト
1.CAREERCARVER(キャリアカーバー)ハイクラス向けのヘッドハンティング型転職サイト。
2.Findy自分のスキルを偏差値化して転職活動ができる。
3.BINARエンジニアのハイクラス求人のみを取り扱い。

ひとつずつ確認していきましょう。

1.CAREERCARVER(キャリアカーバー)

画像引用:CAREERCARVER(キャリアカーバー)

CAREERCARVERは、ハイクラス向けのヘッドハンディング型転職サイトです。

あなたの登録情報を見たエージェントや企業から、直接スカウトが届きます。

エンジニアは専門職で需要が高く、高年収のスカウトが届きやすい傾向にあるため、キャリアに自信のあるエンジニアはぜひ登録しておきたい転職サイトです。

>>CAREERCARVER(キャリアカーバー)への登録はこちら(無料)

2.Findy

画像引用:Findy

Findyは、自分のスキルを偏差値化して転職活動ができる転職サイトです。

GitHubと連携してあなたの開発履歴を偏差値化することで、適正年収やスキルに見合う企業からのスカウトが届きます。

技術力のあるエンジニアほど好待遇のオファーが届きやすいので、スキルに自信がある人はFindyへの登録がおすすめです。

>>Findyへの登録はこちら(無料)

3.BINAR

画像引用:BINAR

BINARは、エンジニアのハイクラス求人に特化したスカウト型の転職サイトです。

厳選されたWeb系企業を中心に、ハイクラス求人のみを取り扱っているため、キャリアアップを狙える求人に出会いやすいでしょう。

「転職して年収が上がった」というエンジニアの口コミも多いので、年収アップを目指す人にもおすすめできる転職サイトです。

>>BINARへの登録はこちら(無料)

未経験・フリーターからエンジニアを目指す人におすすめの直接応募型転職サイト

未経験・フリーターからエンジニア転職を目指すなら、以下の直接応募型転職サイトがおすすめです。

未経験・フリーターからエンジニアを目指す人におすすめの直接応募型転職サイト
1.Webist(ウェビスト)未経験から応募できるクリエイティブ系求人が多い。
2.TechAcademyエンジニア転職のサポート付きプログラミングスクール。

それぞれチェックしていきましょう。

1.Webist(ウェビスト)

画像引用:Webist(ウェビスト)

Webistは、IT・Web業界や広告業界の転職に特化した転職サイトです。

クリエイティブ系の職種に強く、Webコーダーやフロントエンドエンジニアへの転職を検討している人に特におすすめできます。

未経験歓迎の求人も多いので、フリーターや未経験からIT・Web業界や広告業界に転職したい人は、Webistをチェックしてみるといいでしょう。

>>Webist(ウェビスト)への登録はこちら(無料)

2.TechAcademy

画像引用:TechAcademy

TechAcademyは、プログラミング学習後にエンジニアへの転職が可能になる、転職サポート付きのプログラミングスクールです。

プログラミング講座の受講完了後、IT企業へのエンジニア転職をサポートしてくれるコースが存在するため、未経験やフリーターからエンジニアを目指せます。

転職先は東京の企業が中心ですので、首都圏に住んでいる人や、地方から東京の企業へ転職したいと検討している人に、おすすめしたいサービスです。

>>TechAcademyへの登録はこちら(無料)

ベンチャー企業志望のエンジニアにおすすめの直接応募型転職サイト

ベンチャー企業志望のエンジニアには、以下の直接応募型転職サイトがおすすめです。

ベンチャー企業志望のエンジニアにおすすめの直接応募型転職サイト
1.forkwell jobsIT・Webエンジニアの転職に特化。優良ベンチャーが見つかる。
2.WantedlyビジネスSNS型の転職サービス。気軽に企業と話ができる。

ひとつずつ確認していきましょう。

1.forkwell jobs

画像引用:forkwell jobs

forkwell jobsは、IT・Webエンジニアの転職に特化した転職サイトです。

優良ベンチャー企業や成長が期待できるスタートアップ企業のエンジニア求人が豊富で、求人検索経由での応募はもちろんのこと、スカウト機能も利用できます。

ベンチャーへの転職を検討しているエンジニアにとって、ぜひ登録しておきたい転職サイトだと言えるでしょう。

>>forkwell jobsへの登録はこちら(無料)

2.Wantedly

画像引用:Wantedly

Wantedlyは、企業担当者とのつながりを気軽に持てる、ビジネスSNS型の転職サービスです。

フットワークの軽いベンチャー企業の利用が多く、エンジニア向けの求人も見つけやすい傾向にあります。

応募前に企業の担当者と面談できる機能もあるため、「応募後のミスマッチを減らしたい」と考えている人にもおすすめです。

>>Wantedlyへの登録はこちら(無料)

副業・パラレルワーカー・フリーランスのエンジニアにおすすめの直接応募型転職サイト

副業・パラレルワーカー・フリーランスのエンジニアには、以下の直接応募型転職サイトがおすすめです。

副業・パラレルワーカー・フリーランスのエンジニアにおすすめの直接応募型転職サイト
1.シューマツワーカー週10時間からOKのエンジニア求人が見つかる。
2.YOUTRUST(ユートラスト)SNS型サービス。友達または「友達の友達」から仕事のオファーが届く。
3.CODEAL高単価のエンジニア求人を見つけやすい。
4.PARAFT自由な働き方が可能な好待遇のエンジニア求人に出会える。
5.Reworker新しい働き方の求人のみ掲載。未経験で在宅エンジニアOKの場合も。

それぞれ見ていきましょう。

1.シューマツワーカー

画像引用:シューマツワーカー

シューマツワーカーは、週末などの空き時間を利用して働けるスタートアップ企業が豊富な転職サイトです。

週10時間から働けるエンジニア求人が見つかるため、副業をはじめたい人や、活躍の幅を広げたいフリーランスなどにおすすめできます。

「転職を検討しているけど、まずは副業からはじめたい」という人は、シューマツワーカーを利用してみるといいでしょう。

>>シューマツワーカーへの登録はこちら(無料)

2.YOUTRUST(ユートラスト)

画像引用:YOUTRUST(ユートラスト)

YOUTRUSTは、友達または「友達の友達」から仕事のオファーが届くSNS型の転職サイトです。

登録してつながった友達から仕事のオファーが届いたり、自分のタイムライン上に流れる求人に応募できたりします。

求人はエンジニア向けの内容が多いため、「気軽に応募できる副業を探している」という人は、ぜひYOUTRUSTを使用してみてください。

>>YOUTRUST(ユートラスト)への登録はこちら(無料)

3.CODEAL

画像引用:CODEAL

CODEALは、高単価のエンジニア求人が豊富な転職サイトです。

即戦力のIT人材を求める企業が利用しているため、報酬が高いエンジニア求人を見つけやすい特徴があります。

業務委託だけではなく社員採用の求人も存在するため、「様々な働き方を検討したい」というパラレルワーカーにもおすすめです。

>>CODEALへの登録はこちら(無料)

4.PARAFT

画像引用:PARAFT

PARAFTは、自由な働き方ができる企業の求人を掲載する転職サイトです。

「在宅ワーク」や「週3日勤務・正社員」など好待遇のエンジニア求人が多く、「自由に働きたい」と感じているエンジニアに特におすすめできます。

即戦力として企業に貢献できる高いスキルは必要ですが、条件さえ満たせば、希望通りの働き方ができる企業と出会える転職サイトです。

>>PARAFTへの登録はこちら(無料)

5.Reworker

画像引用:Reworker

Reworkerは、新しい働き方を実現できる求人のみを掲載している転職サイトです。

フルリモートOKの正社員求人から、週3日勤務の業務委託求人まで、様々な新しい働き方のエンジニア求人を取り揃えています。

未経験から挑戦できるエンジニア求人も存在するため、「キャリアやスキルにあまり自信がない」という人にもおすすめです。

>>Reworkerへの登録はこちら(無料)

 

【エージェント型】エンジニアにおすすめの転職サイト

エンジニアにおすすめのエージェント型の転職サイトは、以下の通りです。

エンジニアにおすすめのエージェント型の転職サイト
まず登録しておきたい大手総合型のエージェント型転職サイト
1.リクルートエージェント
2.doda
IT業界・エンジニア向け特化型のエージェント型転職サイト1.レバテックキャリア
2.マイナビITエージェント
経営幹部・CTOを目指すエンジニアなら1.JACリクルートメント
2.TechClips
未経験・フリーターからエンジニア転職を目指すなら1.ワークポート
2.DMM WEBCAMP
ゲーム業界志望のエンジニアなら1.Geekly(ギークリー)
2.G-JOBエージェント
フリーランスのエンジニアなら1.レバテックフリーランス
2.Midworks
女性のエンジニアなら1.パソナキャリア
2.type女性の転職エージェント

あなたに近いタイプを選んで、エージェント型のおすすめ転職サイトをチェックしていきましょう。

まず登録しておきたい大手総合型のエージェント型転職サイト

はじめに、まず登録しておきたい大手総合型のエージェント型転職サイトをご紹介します。

まず登録しておきたい大手総合型のエージェント型転職サイト
1.リクルートエージェント業界No.1の求人数。多くのエンジニア求人に出会える。
2.doda大手企業や優良企業のエンジニア求人が見つけやすい。

それぞれの特徴を見ていきましょう。

1.リクルートエージェント

画像引用:リクルートエージェント

リクルートエージェントは、業界No.1の求人数を誇るエージェント型転職サイトです。

多くのエンジニア求人から、あなたに合いそうな求人を紹介してくれるため、自分ひとりでは見つけられないような求人に出会える可能性があります。

他の転職サイトに比べて地方のエンジニア求人も多い傾向にあるので、地方での転職を視野に入れている人にもおすすめです。

>>リクルートエージェントへの登録はこちら(無料)

2.doda

画像引用:doda

dodaは、大手企業や優良企業の求人を見つけやすい転職サイトです。

好待遇のエンジニア求人を多く紹介してくれるため、「安定した企業で長く働きたい」と感じているエンジニアにおすすめできます。

大手企業へのエンジニア転職を検討している人は、dodaに相談してみるといいでしょう。

>>dodaへの登録はこちら(無料)

IT業界・エンジニア向け特化型のエージェント型転職サイト

IT業界・エンジニア向け特化型のエージェント型転職サイトは、以下がおすすめです。

IT業界・エンジニア向け特化型のエージェント型おすすめ転職サイト
1.レバテックキャリアエンジニアの転職ノウハウが豊富で、内定率が高い。
2.マイナビITエージェント20~30代のエンジニア求人が多く、キャリアアップしやすい。

ひとつずつ見ていきましょう。

1.レバテックキャリア

画像引用:レバテックキャリア

レバテックキャリアは、IT・Web業界の転職に特化した転職サイトです。

エンジニアの転職ノウハウを豊富に持っているため、内定率が高く、スムーズに転職活動が進みます。

キャリアアドバイザーによる面談も丁寧なので、転職を検討しているエンジニアにとって、登録して損はない転職サイトだと言えるでしょう。

>>レバテックキャリアへの登録はこちら(無料)

2.マイナビITエージェント

画像引用:マイナビITエージェント

マイナビITエージェントは、IT・Web業界の転職を専門とした転職サイトです。

20~30代のエンジニア求人が豊富で、キャリアアップや年収アップが目指せる企業を多く紹介してくれます。

転職サポートも丁寧なので、若手のエンジニアは、ぜひマイナビITエージェントで転職活動を進めてみてください。

>>マイナビITエージェントへの登録はこちら(無料)

経営幹部・CTOを目指すエンジニアにおすすめのエージェント型転職サイト

経営幹部・CTOを目指すエンジニアにおすすめのエージェント型転職サイトは、以下の通りです。

経営幹部・CTOを目指すエンジニアにおすすめのエージェント型転職サイト
1.JACリクルートメントハイクラス転職に特化。経営幹部向け求人もあり。
2.TechClips現役エンジニアがコンサルタントとして転職サポートを担当。

それぞれ確認していきましょう。

1.JACリクルートメント

画像引用:JACリクルートメント

JACリクルートメントは、ハイクラスの転職に特化した転職サイトです。

キャリアアドバイザーがあなたの希望を丁寧にヒアリングし、活躍できそうな高年収のエンジニア求人を厳選紹介してくれます。

経営幹部向けの求人も多く保有しているため、経営に携わりたいエンジニアにおすすめです。

>>JACリクルートメントへの登録はこちら(無料)

2.TechClips

画像引用:TechClips

TechClipsは、ITエンジニアの高年収転職に特化した転職サイトです。

対象エリアは首都圏に限られますが、現役のエンジニアがコンサルタントとしてあなたをサポートしてくれるため、業界ならではの転職ノウハウを提供してくれます。

紹介求人は高年収かつ好待遇の企業ばかりなので、キャリアに自信のあるエンジニアは、ぜひTechClipsに登録してみてください。

>>TechClipsへの登録はこちら(無料)

未経験・フリーターからエンジニアを目指す人におすすめのエージェント型転職サイト

未経験・フリーターからエンジニア転職を目指すのにおすすめのエージェント型転職サイトは、以下の通りです。

未経験・フリーターからエンジニアを目指す人におすすめのエージェント型転職サイト
1.ワークポートIT・Web業界の非公開求人数がトップクラス。未経験OKのエンジニア求人も。
2.DMM WEBCAMP講座受講後にエンジニア転職のサポートがあるプログラミングスクール。

ひとつずつ特徴を見ていきましょう。

1.ワークポート

画像引用:ワークポート

ワークポートは、IT・Web業界の転職に強い転職サイトです。

IT・Web業界の非公開求人は大手エージェント型転職サイトよりも多いため、多くの求人から自分に合う企業を探せます。

未経験から挑戦できるエンジニア求人も見つかりやすいので、未経験やフリーターからエンジニアへ転職したいという人にもおすすめです。

>>ワークポートへの登録はこちら(無料)

2.DMM WEBCAMP

画像引用:DMM WEBCAMP

DMM WEBCAMPは、プログラミング講座受講後にエンジニア転職を目指せるプログラミングスクールです。

未経験やフリーターでも、プログラミング講座を受講することで、エンジニアへの転職をサポートしてくれます。

プログラミングスキルと転職先の両方が手に入るので、「手に職をつけたい」という人は、DMM WEBCAMPの講座受講を検討してみるといいでしょう。

>>DMM WEBCAMPへの登録はこちら(無料)

ゲーム業界志望のエンジニアにおすすめのエージェント型転職サイト

ゲーム業界志望のエンジニアにおすすめのエージェント型転職サイトは、以下の通りです。

ゲーム業界志望のエンジニアにおすすめのエージェント型転職サイト
1.Geekly(ギークリー)細やかなサポートで内定までのスピードが早い。
2.G-JOBエージェントゲーム業界の求人数はトップクラス。サポートも手厚い。

それぞれチェックしていきましょう。

1.Geekly(ギークリー)

画像引用:Geekly(ギークリー)

Geeklyは、IT・Web業界やゲーム業界に特化した転職サイトです。

他のエージェント型転職サイトに比べて内定のスピードが早いと評判で、細やかで素早い転職サポートが受けられます。

ゲーム業界の求人が豊富で、年収アップする利用者も多く存在するため、ゲーム業界への転職を検討しているエンジニアはぜひ登録しておきましょう。

>>Geekly(ギークリー)への登録はこちら(無料)

2.G-JOBエージェント

画像引用:G-JOBエージェント

G-JOBエージェントは、ゲーム業界の転職に特化した転職サイトです。

ゲーム業界の求人数はトップクラスで、あなたのスキルを活かせるゲーム業界の求人が多く見つかります。

コンサルタントの転職サポートも手厚いので、「自分に合った転職先を見つけたい」というエンジニアは、G-JOBエージェントに相談してみるといいでしょう。

>>G-JOBエージェントへの登録はこちら(無料)

フリーランスのエンジニアにおすすめのエージェント型転職サイト

フリーランスのエンジニアにおすすめのエージェント型転職サイトは、以下の通りです。

フリーランスのエンジニアにおすすめのエージェント型転職サイト
1.レバテックフリーランスフリーランスにぴったりのエンジニア案件を継続的に紹介してくれる。
2.Midworksフリーランス向けエンジニア案件を正社員並みの保障付きで紹介。

ひとつずつ確認していきましょう。

1.レバテックフリーランス

画像引用:レバテックフリーランス

レバテックフリーランスは、フリーランスのエンジニア案件に特化した転職サイトです。

あなたのスキルや希望を丁寧にヒアリングして、マッチする企業の案件をプロが紹介してくれます。

自分で営業することなく仕事を受注できるため、エンジニアとして活躍するフリーランスは、利用するメリットが多いでしょう。

>>レバテックフリーランスへの登録はこちら(無料)

2.Midworks

画像引用:Midworks

Midworksは、IT系のフリーランス専門の転職サイトです。

あなたに合ったエンジニア案件を、正社員並みの保障付きで紹介してくれます。

フリーランスは会社員に比べて社会保障が少ないため、「保障を受けることで仕事に集中したい」というエンジニアは、Midworksの利用を検討してみてください。

>>Midworksへの登録はこちら(無料)

女性のエンジニアにおすすめのエージェント型転職サイト

女性のエンジニアにおすすめのエージェント型転職サイトは、以下の通りです。

女性のエンジニアにおすすめのエージェント型転職サイト
1.パソナキャリア丁寧な転職サポートが評判。転職活動の良きパートナーになる。
2.type女性の転職エージェント女性ならではの視点でキャリアや求人を提案してくれる。

それぞれ見ていきましょう。

1.パソナキャリア

画像引用:パソナキャリア

パソナキャリアは、丁寧な転職サポートが口コミで評判の転職サイトです。

親身なキャリアカウンセリングで、あなたのキャリアを第一に考えたエンジニア求人を紹介してくれます。

「転職活動に不安を抱いている」というエンジニアの女性は、パソナキャリアと一緒に転職活動を進めるといいでしょう。

>>パソナキャリアへの登録はこちら(無料)

2.type女性の転職エージェント

画像引用: type女性の転職エージェント

 type女性の転職エージェントは、女性の転職に特化した転職サイトです。

18年以上女性の転職をサポートしてきたノウハウをもとに、女性ならではの視点でキャリアや求人を提案してくれます。

女性が働きやすい企業の求人を多く取り揃えているので、「家庭と仕事を両立させたい」と考えているエンジニア女性にもおすすめです。

>> type女性の転職エージェントへの登録はこちら(無料)

 

エンジニアが転職を成功させるための転職サイト活用方法

エンジニアが転職を成功させるための転職サイトの活用方法については、以下の記事で詳しく解説しています。

知っておくだけで転職の成功率が上がるポイントなどを紹介しているので、転職活動をはじめる前にぜひご覧ください。

>>転職エージェントの使い方について
※こちらの記事は現在執筆中です。公開までお待ちください。

 

エンジニアが転職サイトを利用する際の注意点

エンジニアが転職サイトを利用する際には、以下の点に注意しましょう。

  • 経験の少ないエンジニアがいきなりハイレイヤー層の転職サイトを使わない
  • 年収だけを判断基準にしない

年収アップだけを目的にハイキャリア向け転職サイトを使うのではなく、自分のレベルに合った転職サイトを使用してください。

また「自分が活躍できそうか」「長く働けそうか」という視点を持って応募求人を決めるのも、転職を成功へ導くコツです。

 

図解!転職サイトを利用した転職活動の流れを把握しよう

続いては、転職サイトを利用した際の転職活動の流れについて見ていきましょう。

あなたが登録した転職サイトのタイプを選択して、イラストで流れを確認しましょう。

1.直接応募型の転職サイト

直接応募型の転職サイトを利用する場合は、以下のような流れで転職活動が進みます。

求人検索から応募書類の作成、面接の日程調整まで、全て自分ひとりで行う必要があるため、余裕を持ったスケジュールを立てるようにしましょう。

2.エージェント型の転職サイト

エージェント型の転職サイトを利用する場合は、以下のような流れで転職活動が進みます。

以下の記事では、エージェント型転職サイトの利用の流れについて詳しく解説しているので、登録前にぜひ目を通してみてください。

>>エージェント型転職サイトの流れについて
※こちらの記事は現在執筆中です。公開までお待ちください。

 

エンジニアが転職を成功させるための4つのコツ

続いては、エンジニアが転職を成功させるために知っておきたい4つのコツについて解説していきます。

  1. しっかりと準備をしてから転職活動をはじめる
  2. 情報収集をする
  3. 選考対策を怠らない
  4. 内定承諾前に確認するべきことを知る

順番にチェックして、納得のいく転職ができるように準備しましょう。

1.しっかりと準備をしてから転職活動をはじめる

エンジニアが転職活動を成功させるためには、事前準備が大切です。

以下のポイントを参考にしながら、転職活動をはじめる準備を整えましょう。

  • 転職の目的となりたい将来像をイメージする
  • 自己分析しながらキャリアの振り返りを行う
  • 転職の全体像を想像してスケジュールを立てる

「自分はどうして転職したいのか」を明確にすることで、転職先に求める条件が見えてきます。

働く上で大切にしたいことを自己分析で振り返りながら、「自分にできること」と「転職先に求めること」を組み合わせて、転職活動の軸を定めていきましょう。

また、転職活動の大まかなスケジュールを立てるのも重要です。

以下の記事では転職活動のスケジュールについて詳しく解説しているので、計画を立てる際の参考にお役立てください。

>>転職活動の進め方について
※こちらの記事は現在執筆中です。公開までお待ちください。

2.情報収集をする

転職活動の軸が見えてきたら、転職に向けて情報収集を開始しましょう。

エンジニアの転職は、以下の3点を押さえておくと、必要な情報がしっかりと手に入ります。

  • 年収アップするために自分の市場価値を知っておく
  • ビジネス特化型SNS・転職フェア・口コミサイトを利用する
  • エンジニアのキャリアパスの選択肢を知る

自分の市場価値(想定年収)を知ることで、応募するべき求人レベルの把握や給与交渉がしやすくなるため、「ミイダス」などを利用して測定しておくことをおすすめします。

ビジネス特化型SNSや「サンカク」などの転職フェア、「転職会議」などの口コミサイトで、転職市場や業界のリサーチをするのも良い方法です。

また、エンジニアに以下のようなキャリアパスがあることも、意識しておくといいでしょう。

  • Tech Lead(チームのエンジニアを率いるまとめ役)
  • PdM(プロダクトマネージャー)
  • VPoE(技術部門のトップ)
  • CTO(技術部門の経営幹部)

求人票に上記のような用語が登場するケースもあるので、ぜひ覚えておいてください。

3.選考対策を怠らない

ある程度情報が揃ったら、転職サイトを利用して行動する段階に入ります。

以下のポイントを押さえて、選考対策を怠らないようにしましょう。

  • 質の高い履歴書・職務経歴書をアップする
  • キャリアアドバイザーは知人のクチコミを参考にする
  • リモート面接を通過するためにオンライン表現力を磨く

エージェント型の転職サイトを利用する場合、担当するキャリアアドバイザーとの相性が転職の成功率を左右します。

知り合いにエージェント経由で転職を決めた人がいれば、キャリアアドバイザーの評判をヒアリングして、どのようなサポートをしてくれるのかリサーチしましょう。

また、近年はリモート面接を実施する企業が増加しています。

「リモート面接は未経験」というエンジニアは、エージェントの面接対策などを上手に利用して、オンラインでアピールする練習をしておくと安心です。

4.内定承諾前に確認するべきことを知る

選考を通過して内定が出始めたら、以下の点を確認しておきましょう。

  • リモートワーク希望の場合は実態を確認する
  • プロダクトだけでなくビジネスに興味を持つ
  • 転職先を慎重に決める

エンジニアはリモートワークOKの求人が多い傾向にありますが、週に数回の出社が義務付けられているケースも存在します。

リモートワークが許可される範囲はどの程度なのか、内定承諾前に確認しておくと安心です。

また複数社選考を受けている場合、転職先を慎重に検討する姿勢も大切にしましょう。

「転職活動を早く終わらせたい」という理由で最初に内定が出た企業へ転職を決めてしまうと、入社後の後悔へとつながる可能性があります。

応募先の企業を比較しながら、「自分が望む働き方ができる企業はどこなのか」を意識して転職先を決めるのがおすすめです。

 

エンジニアの転職でよくあるQ&A

最後に、エンジニアの転職に関するよくある質問・疑問についてお答えします。

疑問や悩みを解決させて、気持ちよく転職活動をスタートしましょう。

Q1.エンジニアにはどんな種類がある?

A.大きく分けてフロントエンド・バックエンド・フルスタックの3種類があります。

3種類のエンジニアの特徴は、以下の通りです。

  • フロントエンドエンジニア:ユーザーと直接データのやり取りを行う部分を担当
    Webエンジニア、ゲームエンジニア、制御・組み込みエンジニアなど
  • バックエンドエンジニア:ユーザーから見えない部分を担当
    サーバーエンジニア、ネットワークエンジニア、データベースエンジニアなど
  • フルスタックエンジニア:設計から開発、運用まで全ての業務を担当

フルスタックエンジニアは、フロントエンジニアやバックエンドエンジニアのスキルを併せ持つエンジニアで、マルチエンジニアとも呼ばれています。

Q2.おすすめのプログラミング言語は?

A.JAVA・Ruby・PHPがおすすめです。

それぞれの言語の特徴は、以下の通り。

  • JAVA:汎用性や需要が高く、多くの現場で使われている
  • Ruby:Webアプリケーションで多く使用されていて、注目度が高い
  • PHP:Web開発で利用されることが多く、習得がしやすい

プログラミングスクールやエージェントを利用する人は、どのプログラミング言語がおすすめか聞いてみるのもいいでしょう。

Q3.未経験からのエンジニア転職は本当にできる?

A.未経験でもエンジニアへの転職は可能です。

若手ほど未経験のエンジニア転職は有利とされており、未経験歓迎のエンジニア求人も近年増加傾向にあります。

未経験からエンジニア転職を目指す人は、「未経験・フリーターからエンジニアを目指す人におすすめの直接応募型転職サイト」や「未経験・フリーターからエンジニアを目指す人におすすめのエージェント型転職サイト」でご紹介した転職サイトの利用がおすすめです。

Q4.どうやって基礎を勉強すればいい?

A.専門のスクールや学習サービス、本などでプログラミングの基礎を学習できます。

プログラミングの基礎を勉強する主な方法は、以下の通りです。

予算や目的に合わせて、学習方法を選ぶといいでしょう。

Q5.20代のエンジニア転職を考えているけど、すぐに動いた方がいいの?

A.できる限り早めに動くのがおすすめです。

転職を決意している段階なら、できるだけ年齢が若いうちに転職活動をはじめたほうが、転職先は決まりやすい傾向にあります。

20代はポテンシャルや将来性が重視されるケースが多いため、経験が少ない場合でもエンジニア転職は成功しやすいでしょう。

Q6.30代のエンジニアが転職で求められる能力とは?

A.「即戦力」もしくは「マネジメント能力」です。

30代のエンジニアは、即戦力として活躍できるスキルが重視されます。

また30代後半においては、「マネジメント経歴の有無」も重視される能力のひとつです。

Q7.勉強会への参加は転職にプラス?

A.プラスになる可能性が高いでしょう。

勉強会に参加することで、「自分が現在どのレベルにいるのか」「他社のエンジニアはどのような仕事をしているのか」など、客観的な視点が養われます。

新しい技術や情報を手にするチャンスでもあるので、IT勉強会プラットフォームの「connpass」などを活用し、積極的に参加してみてください。

Q8.GitHubって何のこと?

A.ソースコードを管理するサービスのことです。

エンジニアが作成したプログラムコードやデザインデータを、GitHub上で保存や公開ができます。

業務やプロジェクトで利用するケースも多いため、エンジニアとして仕事をするなら、ぜひ使えるようになっておきたいサービスです。

Q9.エンジニア転職におすすめの資格はある?

A.ITパスポート・基本情報技術者・応用情報技術者がおすすめです。

とはいえ、エンジニアの転職活動において重視されるのは実務経験であり、資格の有無ではありません。

資格の取得に時間を割くよりも、現職で成果を出したり、プログラミングスキルの向上に投資するといいでしょう。

Q10.社内SEへの転職は難しい?

A.社内SEへの転職は難易度が高いと言えます。

社内SEはエンジニアの転職市場で非常に人気が高い職種であり、競争倍率も高い傾向にあります。

転職で社内SEを目指す場合、他の職種よりも入念な対策が必要になるでしょう。

Q11.IT業界での転職活動はいつまでにするべき?

A.早ければ早いほど転職活動が有利に進みます。

転職はキャリアやスキルが重視されるとはいえ、年齢が若いほど求人数が多いのも事実です。

迷って立ち止まる時間を減らすためにも、転職が頭をよぎったら、まず行動してみることをおすすめします。

Q12.IT転職が厳しいと言われた場合どうすれば?

A.IT業界に強い派遣会社に登録するのもひとつの手です。

エージェントなどから「IT転職は厳しい」と言われた場合、以下のIT業界に強い派遣会社に登録してみましょう。

紹介予定派遣から正社員を目指す方法もあるので、気になる派遣会社があればぜひ相談してみてください。

Q13.ブラックなIT求人を見分ける方法はある?

A.職務内容や給与、離職率などに注目しましょう。

誰にでもできそうな職務内容である場合や、同業種や同職種に比べて給与が高い場合は要注意です。

3年後の離職率が高い企業もブラックである可能性が高いので、企業の実態を「転職会議」などの口コミサイトでリサーチするといいでしょう。

 

エンジニアの転職は転職サイトを使い分けるのが成功のカギ

当記事ではエンジニアにおすすめの転職サイトを中心に、エンジニアの転職を成功させるコツなどを紹介してきました。

エンジニアは自分に合った転職活動スタイルを知り、転職サイトを使い分けるのが転職を成功させるカギです。

自分にぴったりの転職サイトを上手に活用して、活躍できる企業への転職を成功させてください。

タイトルとURLをコピーしました