仕事が続かないのは精神的な病気?仕事が続かない人の原因や特徴・対処法も

仕事の悩み

仕事が続かないと「自分のどこがいけないのか?」「うつ病とか精神的な病気なのでは?」などと悩んでしまう人も少なくないようです。

当記事では、「どうしても仕事が続かない…」「もしかして病気なのでは…」などとお悩みの方へ向けて、以下のような情報をまとめてご紹介します。

  • 仕事が続かない原因
  • 仕事が続かない人の特徴
  • 仕事が続かない場合のデメリット
  • 仕事を長く続けるための対処法 など

当記事を読めば「仕事が続かないのは病気なのか」や具体的な対処法も分かるので、ぜひ最後までご覧ください。

 

 

「どうしても仕事が続かない」と悩んでいる人は多い

仕事が続かないと自分を責めてしまうかもしれませんが、「どうしても仕事が続かない」と悩んでいる人はTwitter上に多数見受けられました。

このように悩んでいる人は多数いるため、そこまで自分を責める必要はないでしょう

 

仕事が続かない原因・仕事が続かない人の特徴とは?

仕事が続かない人はなぜ仕事が続かないのでしょうか?

仕事が続かない原因・仕事が続かない人の特徴は大きく分けると以下の通り。

  • 仕事に対する姿勢に原因がある
  • 性格に原因がある
  • 職場に原因がある
  • 取り巻く環境に原因がある

それぞれ詳しく解説していきます。

 

仕事に対する姿勢に原因がある

仕事の目的が不明確

仕事が続かない人の多くは、仕事の目的を持っていない傾向にあります。

仕事の目的が不明確だと仕事を頑張る理由がないので、些細なストレスで仕事を辞めたくなってしまうこともあるでしょう。

 

仕事に対する理想が高い

「好きな仕事しかしたくない」「給料は○万円以上」など、仕事に対する理想が高い人は、理想と現実にギャップを感じると辞めたくなってしまいます。

正当な要求であれば次の職場でうまくいく可能性もありますが、理想があまりにも高すぎる場合は転職を繰り返してしまうでしょう。

 

仕事が楽しくない

「今の仕事が楽しくない」と思う人も仕事が続かない可能性大。

仕事をしている以上は、嫌な仕事をしなければいけなかったり辛い経験もあるものです。

全ての仕事が楽しくないといけないという人は、このような場面に直面するとすぐに辞めてしまうでしょう。

 

仕事に対してやる気がない

「仕事へのやる気がない」「仕事へのモチベーションが持続しない」という理由で仕事が続かない人も多いです。

やる気やモチベーションがなければ仕事も楽しく思えないので、すぐに辞めたくなってしまうでしょう。

 

やりたくない仕事・職種をしている

やりたくない仕事や職種をしていると、仕事を続けるモチベーションが無くなってしまいます。

仕事は一日の大半を占めるため、このような状態であれば辞めたいと感じるのも当然と言えるでしょう。

 

仕事を頑張りすぎてしまう

「上司や顧客の期待に応えるため」や「出世・昇進のため」などの理由で仕事を頑張り過ぎるのも要注意。

仕事を頑張り過ぎると心身に不調が出てしまい、仕事が続かないということもあるでしょう。

 

自己管理が甘い

自己管理が甘くて何事も継続できない人は仕事が続かない傾向にあります。

さらに経済的余裕などの状況が重なれば、仕事を長続きさせるのは難しいでしょう。

 

責任転嫁しがち

「自分の責任を誰かに押し付ける」など、責任転嫁しがちな人も仕事が続かない傾向にあります。

責任転嫁を続けていると自分の仕事に対して責任感を持てなくなり、仕事へのやりがいやモチベーションが無くなって辞めたくなってしまうでしょう。

 

仕事よりもプライベートを優先したい

近年では働き方改革によりワークライフバランスが重要視されていますが、仕事よりもプライベートを優先したい人も仕事が続かない傾向にあります

「自分の思うように休めない」「プライベートの時間が確保できない」という状況に陥れば辞めたくなってしまうでしょう。

 

性格に原因がある

真面目すぎる

「完璧主義」「頑張り屋」「冗談が通じない」など、真面目過ぎる人は意外と仕事が続かない傾向にあります。

また、真面目過ぎる人は自分自身を追い詰めてしまいがちなので、心身に不調をきたす場合も。

このような状態になってしまうと仕事を続けるのは難しいでしょう。

 

責任感が強すぎる

仕事をする上で責任感は大切ですが、責任感があまりにも強いと何かトラブルがあった時に自分を過度に責めてしまいます

あまりにも自分を責めすぎると精神的に追い詰められてしまい、最終的に仕事を辞めざるを得ない状況になることもあるようです。

 

周囲からの評価を気にしすぎる

仕事をしていると周囲から評価されたいと思うものです。

しかしながら、周囲からの評価を気にしすぎてしまうと仕事の目的が「評価されること」になってしまい、評価されないという理由で辞めてしまうこともあるでしょう

 

飽きっぽい

飽きっぽい性格の人も仕事が続かない傾向にあります。

せっかく仕事が見つかったとしても、「あっちの仕事の方が魅力的」「別の仕事の方が向いているかもしれない」などという気持ちになって、辞めてしまうことが多いでしょう。

 

我慢が苦手

我慢が苦手な人も仕事が続かない傾向があります。

仕事をしていれば、人間関係や職場環境、給料など、何かしら多少の我慢はするもの。

しかしながら、我慢できない人は改善策を考えることもせずにすぐに辞めようとするでしょう。

 

メンタルが弱い

メンタルが弱い人も仕事が続かない傾向が強いです。

何かトラブルが起こった際に、メンタルが弱い人は「なんとか乗り切ろう」と頑張る気持ちよりも「嫌なことから逃げたい」という気持ちの方が強い傾向があるので、仕事が長続きしません。

 

ネガティブ思考で自信がない

ネガティブ思考で自分に自信がない人も要注意。

ネガティブ思考の人が仕事でミスを引き起こすと、「自分がいると職場に迷惑がかかる」と感じ、仕事をする自信がなくなって辞めてしまう人も多いです。

 

コミュニケーションや人間関係を築くのが苦手

コミュニケーションや人間関係を築くのが苦手な人は、「わからないことがあっても他人に聞けない」「居心地の悪さを感じて仕事に行くのが辛い」ということも。

特定の苦手な人がいる場合は環境を変えるだけで改善するかもしれませんが、コミュニケーションや人間関係の構築そのものが苦手な人は耐えられずに辞めてしまうでしょう

 

職場に原因がある

残業が多すぎる

いくら残業代がもらえたとしても、残業のせいで体がもたなかったりプライベートの時間を確保できないと仕事を続けるのが辛いと感じるものです

残業が当たり前の会社に勤めていれば、仕事が続かないのも当然と言えるでしょう。

 

正当に評価してくれない

仕事をする上で評価をモチベーションにしている人も少なくありません。

自分が頑張っているのにも関わらず正当に評価してもらえなければ、仕事を辞める選択をするのもやむを得ないでしょう。

 

給与が低い

評価と同様に、給与をモチベーションにしている人も多いです。

給与額によって生活水準が変わってくるので、給与額が低かったり給与が増える見込みがなければ不満を感じて辞めてしまうでしょう。

 

取り巻く環境に原因がある

経済的な逃げ場がある

経済的な逃げ場があると仕事が続かないということも。

実家暮らしをしていたりパートナーと同居をしていると、経済的な危機感が薄れてすぐに辞めてしまうこともあるでしょう。

 

家族や恋人など守るべきものがない

家族や恋人などの守るべき存在がいると、仕事をしっかりと行っていこうという気持ちになるものです。

守るべき存在がいない人は仕事を続ける強い理由がないため、仕事が続かない傾向にあるでしょう。

 

仕事が続かない理由は男女で異なる?

仕事が続かない理由にはさまざまありますが、基本的には男女に共通するものばかりです。

しかしながら、女性の場合は「妊娠」「出産」などのライフイベントがあり、職場環境が女性のライフイベントに対して寛容な職場でなかったり、職場の理解があまり得られないようであればどうしても仕事が続かないということもあるようです。

 

仕事が続かないのは病気が原因の場合も

仕事が続かない理由や仕事が続かない人の特徴を一挙にご紹介してきましたが、人によっては病気が原因で仕事が続かないということもあります。

こちらでは、病気が原因で仕事が続かないケースについてご紹介します。

 

ADHDやASDなどの発達障害がある

ADHD(注意欠陥多動性障害)やASD(自閉症スペクトラム障害・アスペルガー障害)の人は、考え方が他の人とは異なり、世間では「当たり前」とされていることができずに仕事に適応できないことが多いです。
そのため、ADHDやASDなどの発達障害を持っている人は、会社や職場にうまく馴染めずに転職を繰り返してしまう傾向があるでしょう。

 

大人の発達障害の人にも適職がある

ADHDやASDの人は適した仕事に就けば、特性を活かして活躍することができます。

もし、ADHDやASDの疑いがある人は、続かない仕事に見切りをつけて、以下のような適職へ転職してみてはいかがでしょうか。

  • プログラマー
  • テスター
  • ADオペレーター
  • WEBデザイン

 

うつ病などの精神的な病気を患っている

仕事が続かない原因が「うつ病」などの精神的な病気の場合もあります。

特に真面目で完璧主義な性格の人の場合は、自分を追い込んで心に支障をきたしてしまいがちなので、「頑張って続けたいのにどうしても辞めてしまう」という人はうつ病の可能性を考えてみましょう。

以下の項目に複数当てはまる場合は要注意。

  • 会社に行くの辛い
  • 何をするにもおっくう
  • 食欲が無い
  • 熟睡できない
  • 頭痛や腹痛がする
  • 疲れが取れない

2週間以上このような症状が続いている場合は、すぐに医療機関を受診することをおすすめします。

 

精神的な病気と甘えの違い

「仕事が続かない」ことが精神的な病気によるものなのか甘えなのかの違いは「仕事を続けるために頑張ろうとしていたかどうか」です。

精神的な病気の人の場合は何とか仕事を続けるために頑張ろうとするのに対して、甘えの人の場合は頑張ろうとせずにすぐに辞めようとする傾向にあります。

 

仕事が続かない場合のデメリットは多い

ここからは少し視点を変えて、仕事が続かない場合のデメリットをご紹介します。

仕事が続かないと以下のようなデメリットがあります。

  • 将来が不安になる
  • 社会的な信用が薄くなる
  • スキルアップできない
  • 経済的に厳しくなる

仕事が続かない原因が病気などのやむを得ない場合もあるかもしれませんが、これらのデメリットがあることを頭に入れておきましょう。

 

将来が不安になる

仕事が続かずに転職を繰り返していると、同じ職場で長い期間働く自信が無くなって将来が不安に感じてしまいます。

「この先自分にあう仕事が見つかるのか」「家庭を持てなくなるのではないか」「生活できなくなるのではないか」など、将来に対する不安が多くなるのはデメリットと言えるでしょう。

 

社会的な信用が薄くなる

仕事が続かない人は「その人自身に問題があるかもしれない…」というイメージを持たれやすく、社会的な信用が薄くなる傾向にあります。

社会的な信用が薄くなるとローンの審査が通りにくくなったり、転職活動で不利になる可能性も十分あるでしょう。

 

スキルアップできない

一般的には同じ職種で長く働き続けることによりスキルアップしていくものなので、仕事が続かない人はスキルアップできないというデメリットもあります。

スキルアップできないとやりがいのある仕事を任されることもないので、仕事がつまらないと感じてしまうでしょう。

 

経済的に厳しくなる

仕事が続かない人は職場を転々としてキャリアが積めないため、出世や昇進が難しかったり同年代の人よりも給与が低くなってしまうこともあります。

また、退職金や企業年金の支給額は「勤続年数」によって決まるので、仕事が長続きしない人は他の人と比べて支給額が少なくなってしまうでしょう。

 

■ ■ ■ ■ ■

 

仕事が続かないとさまざまなデメリットがあるため、「なるべく長く働き続けたい」と感じた方も多いかと思います。

次のセクションでは「仕事を長く続けるための対処法」をご紹介するので、仕事を続けたいという方はぜひ取り入れてみてください。

 

仕事を長く続けるための対処法

仕事を長く続けるための対処法には大きく分けて以下があります。

  • 今の仕事・会社を分析してみる
  • 仕事の取り組み方に気を付ける
  • 職場の人間関係に気を付ける
  • 経済的に自立できるようにする
  • プライベートを充実させる

それぞれ詳しく解説していきます。

 

今の仕事・会社を分析してみる

今の仕事の好きなところ・嫌いなところを分析する

今の仕事の好きなところ・嫌いなところが何かをよく分析してみましょう。

仕事を辞めたいと思っていても、実は好きの割合の方が大きくて辞めてから後悔してしまうケースもあります。

好きなところ・嫌いなところを分析して好きの方が大きいのであれば、すぐに辞めずに仕事を続けてみましょう。

 

今の仕事のやりがいを見つける

仕事が続かない原因でも触れましたが、仕事にやりがいを感じられないと会社を辞めたくなってしまうものです。

今の自分の仕事を分析してみて、以下のようなやりがいにつながるものを見つけてみましょう。

  • 自分の仕事をきちんと評価してくれる
  • 目標を達成した時に充実感を得られる
  • 他の仕事と比べて給料が高い
  • 世の中や社会に貢献できる仕事をしている など

 

自分が今の職場に何を求めているのか明確にする

今の職場に不満があるのであれば、「どのような不満を抱いているのか」「職場に何を求めているのか」を分析してみましょう。

「やりたい仕事ができない」「チームの人間関係が悪い」といった不満であれば、上司に相談すれば仕事内容やチームを変えてくれる可能性もあります。

安易に辞めることはせずに、自分が今の職場に何を求めているのかを分析して改善できないかを検討してみましょう。

 

マンネリ化や仕事が嫌いな原因を分析する

「仕事に飽きてしまった」「仕事がつまらなくなってしまった」という理由で辞めてしまうのはもったいないことです。

今の仕事のどこに「マンネリを感じているのか」「嫌気がさしているのか」を分析してみましょう。

これらの原因がはっきりすれば、改善する手段に気付くことも可能でしょう。

 

自分の得意を活かせる仕事がないか考える

自分の得意を仕事に活かすことができれば、仕事が楽しいと思えるものです。

「仕事がつまらない」「やる気が出ない」と感じているのであれば、今の職場で自分の得意を活かせることができないか考えてみましょう。

自分の得意なことを仕事に活かせれば、仕事が続かないということもなくなるでしょう。

 

労働条件など妥協できることを探す

「労働時間」や「給与」など、自分が望むすべての条件がそろう職場はそうそうありません。

自分が会社に対して不満を感じているのであれば、以下のように労働条件など妥協できる点がないか考えてみましょう。

  • 労働時間が長いけど給与が多い
  • 給与が少ないけどプライベートの時間が確保できる
  • 労働環境が整っていないが自分のやりたい仕事ができる など

 

仕事の取り組み方に気を付ける

目標を立てる(出世・給与アップなど)

特に目標もなく働いていると、自分が働く意味ややりがいを感じられずに仕事を辞めたいと思ってしまうものです。

目標もなく働いているのであれば、出世や給与アップなど、具体的な目標を立てて仕事に取り組むことをおすすめします。

具体的な目標を立てると目標を達成するために働き続けようとするものなので、長く働くことが可能でしょう。

 

自分の裁量の範囲内で仕事を工夫する

マニュアルや上司の指示どおりに仕事をするだけでは「仕事がつまらない」と感じて辞めたくなるものです。

このような仕事をしなければならない場合でも、自分の裁量の範囲内で仕事を工夫して取り組めないか考えてみると良いでしょう

仕事の進め方を工夫できないか考えると面白味が出てきますし、うまくいけば効率アップが叶って上司の評価も上がる可能性もあるでしょう。

 

主体性を持つ

仕事に対して受け身でいると、やりがいが感じられずにモチベーションが低下して辞めたくなってしまう場合もあります。

このような事態を避けるためにも、今の仕事に対して主体性を持って取り組んでみましょう

主体性を持って取り組むと課題や改善点に気付けるようになり、これらを上司に提案・改善できれば上司からも評価されるようになるでしょう。

 

慣れるまで我慢する

仕事に慣れないうちは他の人よりも仕事のスピードが遅くなったり、仕事の流れが分からず戸惑うものです。

そういった時に注意されると自己嫌悪に陥って辞めたくなるかもしれませんが、ここで辞めずにぐっと我慢することが大切

仕事に慣れてくれば仕事の流れも分かるようになり、スムーズに仕事を進められるようになるでしょう。

 

頑張りすぎない・適度に手を抜く

仕事に責任を持って一生懸命に取り組む姿勢は大切ですが、必要以上に頑張りすぎてしまうと心身に不調をきたしてしまいます。

仕事を頑張り過ぎてしまう人は、以下のように「頑張りすぎない努力」をしてみましょう。

  • ミスした時に自分を責めすぎない
  • 自分の技量を超えた仕事は「出来ない」ときっぱり伝える
  • 人に任せられる仕事はお願いする
  • 疲れていると感じたら有給休暇を使う

 

謙虚な姿勢で働いてみる

今の仕事や職場に対して不満を抱くこともあるかもしれませんが、いつも「会社や上司などのせい」にしていると、常に何かしらの不満を抱え続けてしまう可能性があります。

仕事が続かないことやミスや不満を会社や上司などのせいにしたくなったら、「自分に悪いところはなかったか」を問いかけるようにし、謙虚な姿勢で働くようにしましょう

 

生活のためと割り切る

いっそのこと「生活のため」に働いていると割り切るのもアリです。

仕事をするのが生活のためと割り切れば、会社や職場に対する不満も気にならなくなってくるでしょう。

 

自分と周りを比べない

仕事の進捗や出来栄えはその人の適性や性格、経験値によって変わってくるものです。

自分と他人を比較ばかりしていると自分に自信が無くなって仕事を続けられなくなってしまうことも。

他人と比較して「自分はダメだ」などと思わないようにしましょう。

 

オンオフを区切る

絶えず仕事を続けていると、次第に疲れやストレスが溜まって爆発してしまうこともあります。

このようにならないためにも、日頃から仕事のオンオフを区切るようにしましょう。

仕事のオンオフを明確に区切ることで仕事への集中度がアップしたり、仕事へのやりがいや楽しさも感じられるようになるでしょう

 

自分を褒める

人は「何かを達成して報酬を得る・褒められる」という体験をすると、少しずつやる気が出てくるといわれています。

どんな小さな目標でもいいので、達成できたら自分を褒めるようにしましょう。

欲しかったものを購入したり、いつもより豪華な食事を楽しむなど、自分にご褒美をあげるのもおすすめです。

 

職場の人間関係に気を付ける

周囲の人と良い人間関係を築く

人間関係を良好に保つことは仕事を円滑に進めていくためには大切です。

良い人間関係を築くためにも、以下のようなことに気を付けてみましょう。

  • 「ありがとうございます」など感謝の気持ちを言葉で伝える
  • 自分から積極的に明るい挨拶をする
  • 言われた事に対して「はい」と素直な返事をする
  • 相手の話をよく聞く など

 

コミュニケーション能力を身につける

周囲の人とのコミュニケーションがうまくいかないと感じるのであれば、コミュニケーション能力に磨きをかけるのも良いでしょう。

コミュニケーション能力と聞くと喋ることに重点を置きがちですが、大切なのは聞くことです

相手の話に耳を傾け、相槌をうったり質問するなどして聞き上手を目指しましょう。

 

最低限の関わりと割り切る

職場での人間関係に不満を感じるのは「職場にいる全員に好かれたい」「できるだけ多くの人と仲良くなりたい」などの期待をしている場合が多いです。

職場での人間関係は業務をスムーズに進めるために構築するものなので、業務に支障がないのであれば、ある程度割り切った付き合いをするのも良いでしょう。

 

ひとりで抱え込まずに人に頼ってみる

仕事への責任感が強すぎてしまったり、「できない人と思われたくない…」といった場合にはひとりで仕事を抱え込んでしまいがち。

ひとりで抱え込んでいるとストレスも溜まってしまうので、上司や同僚に思い切って相談してみましょう

人は誰かに頼られると嬉しいと思う傾向もあるので、質問をするうちに自然と周囲と打ち解けることもあるでしょう。

 

経済的に自立できるようにする

一人暮らしをする

経済的に逃げ場があって辞めてしまう人の場合は、一人暮らしをするのもおすすめです。

一人暮らしをする場合は家賃や光熱費、食費など、実家にいる時よりも多額の費用が必要になるため、働かざるを得なくなってしまいます。

「仕事が続かない自分を根本から変えたい」と思っている人は、このように自分を少し追い込んで「働かないと生活できない環境を作ってしまう」のも良いでしょう。

 

実家に一人暮らしをした場合にかかる金額を入れる

経済的に逃げ場があって実家に居続ける生活をする場合には、一人暮らしをした場合にかかる金額を実家に入れるようにしてみましょう。

実家にお金を入れることにより自分が家族の生活に貢献しているという気持ちにもなれるので、働くモチベーションにも繋がるでしょう。

 

貯金の目標を立てる

貯金の目標を立てて、目標額が貯まるまで頑張るというのもおすすめです。

「目標額が貯まるまでは頑張らないと」という思いがあれば、仕事が続かないということもなくなってくるものです。

口座にお金があると使ってしまうという人は、定期預金や積み立て型の保険に加入すれば引き出しにくくなるでしょう。

 

プライベートを充実させる

ストレス解消法を見つける

ストレスが蓄積されるとネガティブ思考になって仕事を辞めたくなってしまうので、自分なりのストレス解消法を見つけてみましょう

簡単にできるストレス解消法には以下があるので、ぜひ取り入れてみてはいかがでしょうか。

  • 友人に話をきいてもらう
  • 好きな本を読む
  • カラオケなどで大声を出す
  • 趣味に没頭する
  • 運動して汗を流す など

 

次の休日に向けた予定を立てる

仕事を続ける動機付けとして、次の休日を利用するのもひとつの手です。

「次の休日はどこに行くか」「次の休日は何をするか」などと予定を決めておき、週末を楽しみに仕事を頑張るのも良いでしょう。

 

「仕事を続けるのが辛い」「どうしても辞めたい」場合は…

前のセクションでは仕事を長続きさせるための対処法をご紹介してきましたが、これらの対処法を実践しても「仕事を続けるのが辛い」「どうしても辞めたい」と感じる場合は、以下のいずれかを検討してみてはいかがでしょうか。

 

社内異動を検討する

部署や仕事内容が変われば仕事が長続きする可能性も十分あるので、社内異動に賭けてみるのも良いでしょう。

人員の空き具合によっては異動が叶わない可能性もありますが、一度直属の上司や人事部に相談することをおすすめします。

 

休職を検討する

精神的に弱っている人は心身の病気を発症する可能性が高いので、無理して働かずに休職することをおすすめします。

休職することに対して引け目を感じるかもしれませんが、病気を発症して働けなくなったら元も子もないので、心身を休めて回復させることを優先しましょう。

 

転職を検討する

会社との相性は実際に入社してみないと分からないことがほとんどです。

「自分のやりたいことができない」「自分の望むキャリアを目指せない」「どうしても社風や仕事のやり方があわない」ということであれば、転職を検討してみてはいかがでしょうか。

なお、当サイトには「仕事が続かない人が続く仕事」についてまとめた記事もあるので、こちらもあわせてチェックしてみてください。

仕事が続かない人が続く仕事をチェック

 ※こちらの記事は現在執筆中です。公開までお待ちください。

 

独立を検討する

仕事が続かない人は実は「独立」に向いている場合もあります。

最近では働き方が多様化しており「ランサーズ」や「クラウドワークス」などのクラウドソーシングを活用して独立している人も増えています。

組織で働くことが向いていないと感じるのであれば、自分の得意なことで独立するのもアリでしょう。

 

仕事が続かない人でも工夫次第で長く続けられる!

当記事では、「どうしても仕事が続かない…」「もしかして病気なのでは…」などとお悩みの方へ向けて、さまざまな情報をまとめてご紹介してきました。

仕事が続かない理由にはさまざまあり、発達障害やうつ病などの病気が原因の場合もあります。

仕事が続かない原因が病気ではない場合は、以下のように工夫することにより改善可能なので諦めないようにしましょう。

  • 今の仕事・会社を分析してみる
  • 仕事の取り組み方に気を付ける
  • 職場の人間関係に気を付ける
  • 経済的に自立できるようにする
  • プライベートを充実させる

これらの対応策を講じても改善できない場合は、社内異動や転職などで環境を変えることを検討してみてはいかがでしょうか。

 

タイトルとURLをコピーしました