仕事で潰れると悩んでいる人へ|仕事で潰れそうな時のサインや対処法をご紹介

職場環境

ストレス社会の現代では「仕事が忙しくて潰れる…」「仕事のストレスやプレッシャーで潰れる…」などとお悩みの方も増えているようです。

このように悩んでいると心理的負担が大きくなって仕事に支障が出てくるので、適切な対策をしていく必要があります。

当記事では「仕事で潰れる…」とお悩みの方へ向けて、仕事で潰れそうな時のサインや仕事で潰れやすい人の特徴、お悩み解消のための心構えや働き方についてご紹介します。

あなたが仕事で潰れる前に、この記事をご覧になってぜひ参考にしてみてください。

「仕事で潰れる…」と悩んでいる人は多い

「仕事で潰れる…」と悩んでいると、「自分には忍耐力がない」などと力不足に感じる方もいるかもしれませんが、あなたと同様に悩んでいる人は多数います。

「仕事で潰れる…」と思ってしまう自分を責めたくなる気持ちもよく分かりますが、そこまで自分を責める必要はありません

あなたが何らかの原因でストレスやプレッシャーを感じて潰れると感じているのは事実なので、まずはそう感じている自分を受け止めてあげましょう。

 

仕事で潰れる人の特徴

Twitterの声を見て「仕事で潰れる…」と悩んでいる人が多数いることがお分かり頂けたかと思いますが、このように悩む人には以下のような特徴があります。

  • 気にし過ぎる人
  • 頑張り過ぎる人
  • 自分は潰れないと思い込んでいる人
  • 過度に期待している人
  • 孤立している人
  • 職場の環境や雰囲気が悪すぎる人

それぞれ触れていくので、自分が当てはまっているかチェックしてみましょう。

 

気にし過ぎる人

職場の上司や先輩、同僚や後輩など、他人を過剰に気にしすぎる人は仕事で潰れる傾向にあります

「相手がどう思うか」「相手のために何ができるか」などと気遣えるのは良いことですが、過剰に気にし過ぎると気分が重たくなってくるものです。

「相手にどう思われているか不安」「トラブルがあった時に自分のせいだと思ってしまう」など、ネガティブな思考が出てくる人は要注意でしょう。

 

頑張り過ぎる人

「仕事で結果を出したい」「仕事で評価されたい」と思うあまりに、頑張り過ぎてしまう人も仕事で潰れる傾向にあります。

仕事で結果を出して評価されることはもちろん大切ですが、結果や評価ばかりを追い求めてしまうと心身に負担を感じていても無理して乗り越えようとしてしまいます。

一時的にはそれでも問題ないかもしれませんが、常にそのような状態で仕事をしていると、ある日突然心がポキッと折れてしまう可能性も十分あるでしょう

 

自分は潰れないと思い込んでいる人

「自分が仕事で潰れるわけがない」と思い込んでいる人も仕事で潰れる傾向にあります。

このようなタイプは挫折経験があまりなかったり、自分に自信がある人が多く、自分が仕事で潰れるなんて夢にも思っていません。

過剰なストレスやプレッシャーにさらされた場合でも気合や根性で乗り越えようとしますが、様々な状況が折り重なってくると突然潰れてしまうケースもあります。

 

過度に期待している人

「上司はこうあるべき」「後輩はこうあるべき」など、他人に対して過度に期待している人も仕事で潰れる傾向にあります。

他人に対しては少なからず「こうあるべき」というような期待を抱いてしまいがちですが、相手に求める期待値が高すぎて期待と現実にズレが生じると、「裏切られた」と感じて仕事に対するやる気を失ってしまう人もいるようです。

人の価値観はさまざまなので「他人が期待通りに動いてくれるとは限らない」のが当然なのですが、過剰に期待し過ぎるとその辺りも判別もできなくなり、期待と現実のズレが大きくなったとき潰れてしまいます。

 

孤立している人

「誰とも関わりたくない」「誰も信じられない」などと職場で感じて孤立している人も、仕事で潰れる傾向にあります。

悩みや不安を誰かに相談できるとストレスなどの心理的負担が軽減されますが、孤立している人は誰にも相談できずに悶々とした気持ちが鬱積し、心理的に限界がきて仕事で潰れる場合があります

 

職場の環境や雰囲気が悪すぎる人

自分の性格や特徴に関係なく、「ブラック企業」や「ハラスメントが横行している企業」など、職場の環境や雰囲気が悪くて潰れる人もいます。

職場でのいじめや嫌がらせ、ハラスメントなどのニュースでも多く見受けられるので、他人事ではなく深刻な問題です。

「休日がない」「勤務時間が異常に多い」「パワハラやセクハラを受けている」という人は仕事で潰れる可能性が高いでしょう。

 

辞令がきっかけで潰れる人も

辞令は仕事をしている以上避けられないものですが、以下のように辞令がきっかけで潰れる人もいるようです。

  • 昇進して潰れる
    部下を管理したり組織として目標を追うことがストレスとなって潰れる。
  • 降格して潰れる
    降格によりプライドが傷付けられて潰れる。
  • 昇進できずに潰れる
    仕事で成果を出しているのに昇進できず、モチベーションが低下して潰れる。

いずれにしても、心理的負担やダメージが仕事で潰れる要因になっていると言えるでしょう

 

当てはまったら要注意!仕事で潰れそうな時のサイン

ここからは、仕事で潰れそうな時のサインをご紹介します。

これらのサインが見られたら要注意なので、頭に入れておきましょう。

 

明らかに仕事の生産性や品質が落ている

仕事を仕上げるスピード・生産性や品質が落ちているのは、仕事で潰れそうになっている時のサインです。

仕事で潰れそうな状態はストレスやプレッシャーなどで心理的にかなり負担がかかるので、それによって仕事にも影響が出てくる場合があります。

今まで取り組んでこなかった仕事で生産性や品質が落ちるのは問題ありませんが、今までやってきたような仕事で生産性や品質が明らかに落ちている場合は、要注意と言えるでしょう

 

体調が優れない

慢性的な頭痛や腹痛、吐き気など、体調が優れないのも分かりやすいサインです。

前述の通り、仕事で潰れそうな状態は心理的負担がかなり大きい状態にありますが、場合によっては体調に出てくることもあります。

「仕事のことを考えると頭痛や腹痛、吐き気がする」「頭痛薬や胃腸薬が手放せない」「蕁麻疹が出る」という場合には、仕事で潰れかけている状態と言えるでしょう。

 

うつ病のような症状が出ている

以下のようにうつ病のような症状が見られる場合は、既に仕事で潰れていると言えます。

心の症状 体の症状
  • 常に抑うつな気分
  • 不安や焦りがある
  • 自分を責めてしまう
  • 遠くへ行きたい・消えてしまいたいと思う
  • 何に対しても興味や意欲がわかない
  • 何をするにも億劫に感じる
  • 睡眠障害
  • 食欲の減退
  • 疲労感・倦怠感
  • 動悸・息苦しさ・口が渇くなど

これらの症状が見られた場合は深刻な状態なので、心療内科を受診する必要があります。

 

現在これらのサインに当てはまっていない人でも、「仕事で潰れる…」と感じているなら明日は我が身かもしれません。

今後も自分にこのようなサインが見られないか、気を付けて見ていきましょう。

 

■ ■ ■ ■ ■

 

ここからは、仕事で潰れないようにするための対策として以下をご紹介します。

  • 仕事で潰れる人にならないための心構え
  • 仕事で潰れる人にならないための働き方

仕事で潰れる前にぜひ取り入れてみましょう。

 

仕事で潰れる人にならないための心構え

仕事で潰れる人にならないための心構えには、以下があります。

  • 心のSOSを無視しない
  • 自分の価値観を最優先する
  • 本音に蓋をしない
  • 我慢しない
  • ひとりで何とかしようとしない

それぞれご紹介します。

 

心のSOSを無視しない

心のSOSを無視して、「まだ大丈夫」「まだ頑張れる」などとと無理をし続けると潰れてしまします。

「自分がやらないと他人に迷惑がかかる」と思うかもしれませんが、無理をし過ぎて働けなくなってしまったら元も子もありません

心がSOSを発しているのであれば、だれかに頼ったり相談してみたり、場合によっては休息をとるのも良いでしょう。

 

自分の価値観を最優先する

仕事で潰れる人のセクションでも触れたように、人の価値観はさまざまなので、他人の価値観を優先すると振り回されて疲弊してしまいます

人間誰しも承認欲求があるので「他人からどう思われるか」が気になるのは仕方ありませんが、なるべく自分の価値観を最優先できるようにしていきましょう

自分の価値観を最優先することが「わがまま」だと思う人もいるかもしれませんが、自分なりの価値観を相手にきちんと説明できれば、わがままと思われることもないでしょう。

 

本音に蓋をしない

自分の本音に蓋をして言いたいことが言えない状態だと、心の負担が大きくなってしまいます。

「言わなくても察してほしい」という気持ちもあるかもしれませんが、大概は言わないと分からない場合が多いです

「○○の方が良いと思う」「○○してほしい」など、本音がある場合は思い切って伝えてみましょう。

 

我慢しない

職場の環境や雰囲気などが苦しいと感じているのなら、我慢する必要はありません。

「我慢できない自分が悪い…」などと思ってしまうかもしれませんが、職場の環境や雰囲気が悪いのはあなたのせいではありません

仮に職場の人から心無い言葉を言われたとしても、悪いのはそういう言葉を言う人なので、今の職場で我慢し続けるのはやめましょう。

 

ひとりで何とかしようとしない

どうにもならない事に対して、ひとりで何とかしようとするのは無理があります。

「自分ひとりでは厳しい」「誰かに手伝ってほしい」と感じているのであれば、周囲の人にSOSを求めてみましょう。

SOSを求めることが恥ずかしいと感じるかもしれませんが、そもそも仕事は組織で行うものなのであまり気にする必要はありません

上司の仕事の振り方に問題があるケースもあるので、ひとりで何とかしようとせずに周囲の人に頼ってみましょう。

 

仕事で潰れる人にならないための働き方

仕事で潰れる人にならないための働き方には、以下があります。

  •  自分の状況を客観的に見る
  • ストレスやプレッシャーと上手く付き合う
  • 仕事に意味を見出す
  • 成長できる環境に身を置く
  • 結果を出すことに集中する
  • 安請け合いしない
  • うまく手を抜く事も大切
  • 人間関係を大切にする
  • ワークライフバランスを大切にする
  • 仕事とプライベートを上手く切り替える
  • 追い詰められた時は思い切って休む

それぞれご紹介します。

 

自分の状況を客観的に見る

自分の立ち位置や自分が任されている仕事の重要性を、冷静に客観的に見てみましょう。

自分では「重要な仕事」「失敗が許されない仕事」などと感じていても、客観的に組織や会社視点で見てみると意外と大したことないと感じる場合もあります。

仕事をする上で責任感はもちろん大切ですが、仕事は組織でするものなので、過度にプレッシャーを感じる必要はないでしょう

 

ストレスやプレッシャーと上手く付き合う

ストレスやプレッシャーという言葉を聞くと悪いイメージがつきものですが、ストレスやプレッシャーが自分を強くするなどの成長につながるケースもあります

「ストレスやプレッシャーには捉え方次第で良い面もある」と認識するだけで今までの状況が違って見える可能性もあるので、まずは認識を変えてみてはいかがでしょうか。

 

有名なスポーツ選手はルーティンでストレスやプレッシャーを克服している!

有名なスポーツ選手の中には、ルーティンをすることでストレスやプレッシャーのある状態から平常心を取り戻している人も多いようです。

野球:イチロー

サッカー:本田圭佑、クリスティアーノ・ロナウド

ラグビー:五郎丸歩

体操:内村航平

陸上:ウサイン・ボルト など

ルーティンを自分の仕事へ取り入れるのであれば、作業の洗い出しやメールチェックなど、自分なりの出社後のルーティンを作り、落ち着いて仕事に取り組めるようにしてみてはいかがでしょうか。

 

仕事に意味を見出す

「仕事がつまらない」「自分の仕事には価値がない」と感じているのであれば、仕事に意味を見出してみましょう。

仕事を誰かにやらされていると思うと、つまらなく感じたり価値が見出せなくなるものです。

「自分の仕事が何につながっているのか」「自分の仕事がどこの誰に役立っているのか」を考えてみると、つまらないと感じていた仕事にも意味や価値を見出すことができて仕事で潰れることもなくなるでしょう。

 

成長できる環境に身を置く

仕事で潰れないようにするためには、自分が成長できる環境に身を置くことも大切です。

「もっと成長したい」「会社や組織をより良くしたい」という目標があったとしても、提案を頭ごなしに却下する上司や足を引っ張る同僚がいる環境では、モチベーションが低下して仕事で潰れる可能性があります

このように成長が難しい環境にいる場合は、思い切って部署異動や転職で環境を変えるのもおすすめです。

 

結果を出すことに集中する

ストレスやプレッシャーにフォーカスし過ぎると仕事で潰れてしまいます。

ストレスやプレッシャーを完全になくすことは難しいですが、結果を出すことに集中するとストレスやプレッシャーが徐々に薄れていきます

慣れるまでは難しいかもしれませんが、結果を出すことに集中する意識付けを習慣化してみてはいかがでしょうか。

 

安請け合いしない

「他人にどう思われるか」が気になって仕事を安請け合いしてしまう人もいるかもしれませんが、これはNGです。

ただでさえ「仕事で潰れる…」と感じている状況なのに、仕事を安請け合いしてしまったらますます追い込まれてしまいます。

他人からどう思われるかや仕事の評価が気になるかもしれませんが、心身が壊れてしまったら働くことさえもできなくなってしまうので、安請け合いしないようにしましょう。

 

仕事を請けるべきか迷ったら…

仕事の優先順位や時間配分を考慮した上で、できるのかどうかを合理的に考えましょう。

「できないと判断した場合」や「できるけれど他の仕事が遅れる場合」は、その理由をきちんと説明できれば相手も納得してくれるはずです。

その会社がブラック企業でない限り、無理やり仕事を押し付けられるということもないでしょう。

 

うまく手を抜く事も大切

仕事で少しでも手を抜くと「クビにされるのでは?」「後輩に抜かされるのでは?」などと不安に感じるかもしれませんが、実は仕事ができる人ほどうまく手を抜いている傾向にあります

しかしながら、すべての仕事で手を抜くのはNG

「明確な納期がある仕事」「社外向けの仕事」「自分にしかできない仕事」では手を抜かないようにし、以下のように業務の効率化を図ってうまく手を抜ける工夫をしてみましょう。

  • テンプレートやフォーマットを作成する
  • 手順書を作成して誰でも対応できるようにする
  • 内容次第では別の人に仕事を依頼する

 

人間関係を大切にする

仕事で潰れる人の特徴でも触れたように、職場で孤立していると心理的負担が大きくなって仕事で潰れる傾向にあります

もちろん一人の時間を持つことは大切ですが、誰からも助けを得ようとせずに人間関係を断つような孤立は良くありません。

他愛のない会話を楽しめる人がひとりでもいれば、心理的負担が軽減されていく可能性も十分あるので、人間関係を大切にしていきましょう。

 

ワークライフバランスを大切にする

近年、働き方改革の活発化により「ワークライフバランス」という言葉を耳にすることが増えたかと思います。

ワークライフバランスは文字通り、仕事と生活(プライベート)のバランスのこと。

あまりにも仕事に偏ってしまうとストレスやプレッシャーで潰れる可能性があるので、自分にとってちょうど良いワークライフバランスを心がけましょう

 

仕事とプライベートを上手く切り替える

帰宅後や休日も仕事のことで頭がいっぱいだと、緊張状態が続いて疲弊してしまいます。

「仕事で結果を出したい」「仕事で評価されたい」と思うあまりに考えてしまう気持ちもよく分かりますが、緊張状態が続いていると仕事の生産性や品質に影響が出る場合もあるので、仕事とプライベートをうまく切り替えて休む時は休むようにしましょう

先の休日に自分の楽しめる予定を入れて、それを目標に仕事をするのもおすすめです。

追い詰められた時は思い切って休む

心身ともに追い詰められていると感じる場合、思い切って休んでみましょう。

「休んだら職場に迷惑がかかる」「他に仕事をできる人がいない」などと思うかもしれませんが、心身に不調をきたして働けなくなったら職場に迷惑がかかるだけでなく生活に困ってしまいます

そのような事態を避けるためにも、追い詰められていると感じた時には思い切って休んでみましょう。

 

■ ■ ■ ■ ■

 

仕事で潰れないようにするための心構えや働き方をご紹介しました。

心構えや働き方に気を付けるだけで「仕事で潰れる…」と思う状況を改善できる可能性は十分にあります。

自分のできるところから取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

仕事で潰れそうなら転職を検討するのもアリ◎

「今すぐにでも仕事で潰れそう」「対策をしたけど改善されない」という方は、転職を視野に入れてみてはいかがでしょうか。

転職に対して悪いイメージを持っている方もいるかもしれませんが、嫌な思いをしながら働き続けるのは苦痛ですし、ゆくゆくは心身ともに不調となって仕事ができなくなるリスクも考えられます。

何よりも大切なのは「自分自身」。

限界を迎える前に働く環境を変えることも、自分を守るためには大切です。

「転職活動が不安」「今度こそ自分にマッチした企業に出会いたい」という方には、転職エージェントの活用がおすすめ

転職エージェントは無料で転職活動のサポートが受けれられ、あなたにマッチした求人を紹介してくれます。

今の状況に対して客観的な意見やアドバイスをもらうこともできるので、気になる方は転職エージェントを活用してみてはいかがでしょうか。

おすすめの転職エージェントをチェック

 ※こちらの記事は現在執筆中です。公開までお待ちください。

 

仕事で潰れる人にならないための工夫をしよう

当記事では「仕事で潰れる…」とお悩みの方へ向けて、仕事で潰れやすい人の特徴や仕事で潰れそうな時のサイン、お悩み解消のための心構えや働き方についてご紹介してきました。

社会人になると多くの時間を「仕事」に費やします。

会社員であれば一日7〜8時間、残業もすれば一日10時間以上働いている人も珍しくありません。

人生で長い時間を費やす仕事が苦しいものだと、生きることが苦しいと感じてしまいます。

取り返しのつかない事態を避けるためにも、自分の心のSOSに耳を傾け、仕事で潰れる人にならないための工夫をしていきましょう。

 

>>職場環境TOPページへ

タイトルとURLをコピーしました